私にとって、
ちょうどいい場所。
「なが楽の家」

福井の風土に合う木や素材を選び、福井での暮らしやすさを一番に考え抜いた、永森建設の新提案。
福井の女性にとって、一番の住みやすさとは何か?
育み、集い、交わり、楽しみながら、上質に暮らす二世帯住宅ができました。
福井市高柳にて公開中

見学予約はこちらから

こんな住まいをお探しの方にオススメ

福井で永く住み続けるための、素材や間取りの工夫がいっぱい。

子どもの成長に合わせ、
可変性のある間取りを検討したい。

子ども成長や、自身が齢を重ねることなど、家族は常に成長し、その暮らし方や住まい方のニーズも変化していきます。家族の成長や変化に合わせて、家も形を変えていくことができたとすれば、それは永く愛着を持ち続けられる家のカタチと言えるのかもしれません。

健康を第一に、安心・安全な
自然素材の家で暮らしたい。

近年、自然素材の重要性や、その住みやすさが見直されています。無垢な素材に囲まれて暮らすことで、自然を感じることができる。木に囲まれることで、なんだかホッとする、新しい家なのに懐かしさも感じられる。心穏やかに過ごすこともできる。飽きのこない、永く住み続けられる家こそ、日本の伝統的な木の家なのです。

設備に頼りすぎないでも、
冬暖かく&夏も涼しい家で暮らしたい。

木の家には、高温多湿な日本の気候でも快適に過ごせる自然の性能があります。福井は全国的に見ても湿度の高い地域(全国2位)です。そんな福井の気候を熟知し、30年間、福井の暮らしを快適にするための家づくりをしてきた私たちだからこそ、できる工夫があります。

このモデルハウスの
見どころ

福井のママのための家づくり

家族が自然と集まる団らんの間、
居心地の良い場所。

団らんの間

団らんの間

団らんの間は家族みんなが集まる場でありながらも、それぞれのパーソナルスペースを確保できるようなゆったりしたつくりに。窓から差し込む光と通り抜ける風、そして自然素材の温もりは抜群の相性です。

団らんの間
団らんの間

ゆったり広々としたキッチンで
家族団らんのひとときを。

団らんの間

団らんの間

1階の団らんの間は、親世帯と子世帯が集まって、一緒に料理をしたりできるよう、広々としたスペースに。「日曜日が待ち遠しくなる」そんな毎日になりそうです。

明るく差し込む光の中で、
つい 深呼吸がしたくなる心地よさ。

中庭・デッキ

中庭・デッキ

外と仕切る建具は壁の中に引き込めるので、大開口が可能に。差し込む光が自然素材の心地よさを引き立たせ、家族が自然と集まりたくなる場所を創り出します。

中庭・デッキ
談話の間

私だけの時間は、家族との時間と
同じくらい大切に。

談話の間

談話の間

勉強、読書や趣味などの、様々な用途に使えるスペース。家族を近くに感じながらも、ひとりの時間も大切にできる空間を創り出しています。二世帯で住まいながらも、あえてプライベートな空間を創ることで、ちょうど良い家族の距離を保てます。

私サイズでちょうどいい。
ちょっとした料理や、勉強机にも。

2F 憩いの間

2F 憩いの間

大きなキッチン台は食卓テーブルとしても、家事をしながら見守れる勉強机としても、夜はバーカウンターとしても、何役もこなします。「子世帯だけのプライベートな空間としてのちょうどよさ」を考えました。

2F 憩いの間

二世帯住宅ってこんなにメリットが!

担当者に聞いてみよう!

女性だからこそ共感できるポイントがあります。

「二世帯で暮らすっていろいろ大変なのでは?」
というお声をよく耳にしますが実際にお住まいの方にお聞きすると、メリットの方が多いように感じています。
お互いの安心感という大きなメリットや、子育てのサポートができることも大きな魅力です。
お子様にとってもたくさんの愛情を受けながら育つことは豊かな人間形成の場となるのではないでしょうか。
ただ、2つの世帯が暮らす事で物の多さが問題となることもしばしばありますので、ご家族様とご相談させて頂きながら、整理すること、収納スペースや家事動線など女性目線でのご提案をいたします。

そもそも二世帯住宅って…

二世帯住宅と言っても、スタイルは多様になってきています。

ふれあい同居型

ふれあい同居型

最もポピュラーな二世帯住宅のかたち
玄関も水廻りもすべて二世帯で共有するタイプ。
個室空間は、分離させてプライベートに配慮しています。
ご要望によって、ミニキッチン・サンルーム・リビングなどを子世帯空間に設置。
二世帯スタイルの中で一番多いのがこの融合スタイルになります。

左右分離型

左右分離型

費用面などをクリアできれば、二世帯住宅の理想形。
水周り・LDKなどは全て分離しますが、家の中ではつながっているので自由に行き来できます。音の問題も解決しやすく二世帯住宅の理想形ですが、土地の広さや、建築費用がかさむ、などの懸念点も出てきます。

上下分離型

上下分離型

一棟の住居を二世帯で上下に住み分けるタイプ。
左右隣居型と同様に生活空間を分離していますが、左右隣居型ほど建築費用がかからないメリットがあります。 敷地に制限のある方にも適しています。

母屋+離れ型

母屋+離れ型

親世帯と子世帯を二棟離して建てるタイプ。
4つのタイプのなかで一番各世帯の独立性が保てます。この場合でも、内部で行き来できるようにしたりして世帯間の交流を図る工夫が可能です。

ご来場予約はこちらから

は必須

入力内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

お名前
メールアドレス

※パソコン、携帯電話のどちらかでのご登録をお願いいたします。
例 info@nagamori.com (半角英数字)

お電話番号

例 09012345678

ご希望日時
:


※水曜定休日

永森建設はこんなお客様に選ばれています。

ご入居者様の97%が「 永森の家づくりに満足」「住心地の良い家ができた!」と感じていただいています。

はじめての家づくりを最高の家づくりにしたい方

ご存知でしたか?新築で家づくりをした方の32.7%もが「家づくりをやり直したい」と考えていることを。 (日経ホームビルダー調べ)

ほとんどの人にとって、家づくりは人生で初めてにして最大の買い物と言えます。
そんな「はじめての家づくり」が「最高の家づくり」になるために、
永森建設は5つの安心(性能・設計・メンテナンス・素材・保証)について、お約束をしています。

永森の5つの安心

住んでからのことも考えて、賢く家づくりをしたい方

家は建ててからも様々なコストが掛かります。
生涯コストで比較して『賢い家づくり』を一緒に考えましょう。
永森建設は50年間無料点検と、50年の長期保証制度をご用意。

50年間の無料定期点検

デザインだけじゃない!
機能性も安全も
健康や環境への配慮も大事にしたい方

福井には、福井ならではの気候風土があり、人も住まいもそれに合わせた生活が必要です。
湿気のこと、地震のこと…。知っておかなければいけない、福井の気候風土を知ることから住まいづくりが始まります。

永森建設の住まいは、福井に気候風土に合った素材を選んでいます。
また、地震大国日本において、福井県も例外ではありません。
「耐震+ 制震」で震度7 の巨大地震にも耐える、熊本地震でも損壊ゼロだった制震ユニット「ミライエ」を全棟標準搭載。

素材へのこだわり

永森建設をご支持頂いた
お客さまの実例

わたしたちは福井の「ママのための家づくり」のノウハウを知っています。

家事の時間が短くなる魔法のような動線で、リラックスできる時間が確保できました。

アウトドアが好きで山によく行くんです。だから家にいても外を感じながら暮らしたかったんです。 LDKはとにかく開放的にしたくて。大きな吹き抜けと大きな窓は外せなかったですね・・・

住み始めて2年経った今でも家はスッキリ!突然の訪問も安心です。

私も主人もアウトドアが好きなので、木をたくさん使った住まいにしたかったんです。だから、永森建設さんには「自然素材に囲まれて過ごせる住まいにしてほしい」とお願いしました。そしてもう一つ、リクエストとしては・・・

PAGE TOP