Catalog Menu Close

Works

施工事例

-敷地面積 :473.87㎡

-延床面積 :214.13㎡

福井市

わくわくの住まい

たくさんのわくわくを詰め込んだ、子育て世代の住まい。

それぞれ気兼ねなく暮らせる「左右隣居型」の二世帯住宅。親世帯の住まいはほぼ全てにヒノキを、子世帯の住まいは杉を使用。玄関は別に設け、渡り廊下を介して緩やかに繋がり、それぞれの友人を気軽に呼べる家でありながら自然と助け合える間取りが特徴的です。子育てしやすい、集いやすい、協力しやすいことで家族の絆がさらに深まり、バランスのよい距離感が保てる、素敵な住まいが叶いました。

一階は板張り、二階は塗り壁を使用した、街並みに溶け込む外観。玄関までのアプローチは石畳にし、上質な雰囲気に仕上がりました。

親世帯の玄関は桧が全面にあしらわれた純和風の空間に。玄関奥に窓を設ける事で視線の抜けを意識し、空間が広く感じられるような工夫。

黒とシルバーを基調としたカウンター付のキッチン。また、造作のカップボードやタイルで上質な雰囲気に仕上げました。

内装はシンプルにまとめ、統一感のある空間に。余計な線を取り除いた美しさにこだわりました。シンプルな中に置かれる、薪ストーブ、キッチン、家具、建具などそれぞれの素材が生きる空間になるように工夫しました。

親世帯のリビング。お孫さんたちとゆっくりくつろげるような明るい空間にしました。

「自然のエネルギーを使って過ごしたい」という奥様こだわりの薪ストーブ。寒い冬には家中があたたまり、視覚的にも癒しを与えてくれます。また、ピザを焼いたりなど薪ストーブクッキングは家族みんなで楽しめるコミュニケーションツールになります。

階段を上った先には家族で使えるカウンタースペースを設けました。階段との仕切りを柵上にしたことによって、一階のLDKと空間の繋がりができるよう工夫しました。二階にいてもいつでも家族の気配を感じる事が出来ます。

横幅も広いので、2.3人並んでも広々と使うことができます。お子様は勉強、御主人や奥様は仕事を一緒な空間ですることができます。

腰掛けながら庭を愛でられるウッドデッキは、LDKに配置した3面の窓すべてを開け放つことで驚きの開放感を実現。天気の良い日には庭を眺めながらくつろぐことができます。

子世帯の内玄関からキッチンに続く空間に設けた家事室。家事動線もしっかりと考えました。また、収納場所もたっぷりと確保しました。

Prev

理想のデザイン、インテリア、素材に囲まれた暮らしを。「好き」に囲まれた住まい。

Next

快適・楽しく・贅沢に暮らす平屋の住まい

一覧へ戻る