Catalog Menu Close

Works

施工事例

-敷地面積 :253.35㎡

-延床面積 :118.53㎡

福井市

情懐の住まい

自然を身近に感じる素材感。忘れかけていた昔懐かしい住まい。

お住まいの床はすべて杉のムク材を使用しており、足元から木の質感やぬくもりをはっきりと感じられるつくりに。また、壁は薩摩中霧島のシラス壁。見た目の上質感に加え、調湿・空気清浄化作用にも優れており、いつでも快適な空間に。ケヤキの堀りごたつや薪ストーブ裏の石壁など、自然素材が沢山溢れており、LDKの横一面に設えた大窓を開ければ、縁側と庭が広がります。爽やかに吹き抜ける風など自然に沢山包まれたお住まいになりました。

和のイメージを押し出した、高級感ある搔き落としが印象的な外観。どこか懐かしいような和の趣を感じさせます。

木の美しさが全面に表れているLDK。夏は大開口の窓を開けて、自然の風を家の中に取り込むことができす。冬は薪ストーブが家中の空気を暖め快適に過ごすことができます。また、LDKに隣接して和室を設けることで、子供達の遊び場やお昼寝スペースとして利用することが可能。

木の美しさが溢れる住まいにステンレスの輝きが映えるキッチン。LDKが見渡せるカウンターを設けました。また、キッチンに立つと目線の先に畳スペースが見え、お子様の様子なども見ることができ、安心です。

トイレや洗面台など水まわりも木造。上品で温かみある佇まいは旅館を思わせます。 家事を効率的に行うため水まわり動線も工夫しました。

階段横のカウンターは子供達のスタディスペースや奥様や旦那様の書斎として活用。本や教科書など沢山収納できる棚も設けました。

夏は大開口の窓を開けて家族で広々とした縁側で涼み、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

木材の魅力を引き出す造作の棚は、間接照明でさらに美しく仕上げました。収納スペースもしっかり確保。

モノトーンのデザインに、ナチュラルカラーの玄関でアクセントをつけました。

Prev

憧れが詰まった、幸せ大空間のある家。

Next

仕事の空間とくつろぎ空間をバランスよく。クリニック併設のお住まい

一覧へ戻る