住まいづくりコラム

2020.10.2297%のお客さまにご満足いただいています!

こんにちは、永森建設営業課の川猿です。

「家は3回建てないと満足のいく家にならない」といいますが、本当でしょうか?
平成19年に日経ホームビルダーが行ったアンケートでは、「家づくりをもう一度やり直したい」人が32.7%、「やり直したいと思わない」という人が67.3%という結果でした。

また、直近2019年に実施された別の調査では、住まいの満足度は平均63%という結果が出ています。
今も十数年前も、家づくりの満足度にはあまり変化がないようです。

永森建設の「ご入居者アンケート」では、住み心地についてなんと97%の方が「満足!」と回答されています。
中でも、もっとも満足度の高いのが「快適性」。次いで、「間取り・動線」「アフターサービス」「デザイン性」「安心感」という結果になっています。

前出の日経ホームビルダーのアンケート結果によると、家づくりに「失敗した」と考える理由は、大きく3つ。

(1)施工
(2)提案・設計
(3)品質

つまり、この3つを注視することで、失敗を避け、より満足度の高い住まいをつくることができるというわけです。

「ものづくり」の会社として、「施工力」「品質力」は、お客さまにご満足いただけることが大前提であると、我々は考えます。
その上で、快適な空間設計やデザイン性、企業としての信頼感といった付加価値があること。
それが、永森建設の満足度97%の秘密なのです。

永森建設は満足度100%を目指し、今後もお客さまのためにベストを尽くしてまいります。

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP