住まいづくりコラム

2020.10.29設計課 高橋「200倍幸せになれる住まい」

こんにちは、永森建設企画課の清水です。
本日は一級建築士、高橋有紀のご紹介です!

【設計課】
高橋 有紀|たかはし ゆうき
2011年4月入社
福井県坂井市出身
〈保有資格/役職〉
一級建築士/係長

―永森建設に入社したきっかけは?
福井大学で建築の勉強をしていました。
永森建設に入社したのは、福井に根ざした企業の在り方に魅力を感じたのが1つ。
展示場の美しさに惹かれ、こんな所で仕事をしてみたいと思ったのが1つです。

―現在の担当業務は?
プランナーをしています。間取りを考え、パースなどを用いてわかりやすくプランの提案をします。
お客様の想いをゼロから形にしていく仕事です。

―お仕事をする中で、モットーとしていることは?
「お客様が100倍も200倍も幸せになれる家づくり」
ある建築家の言葉で、一生に一度の住まいを設計することの責任と誇りを自覚しました。

―どんなときにやりがいを感じますか?
一生懸命考えたプランをお客さまが気に入ってくださり、契約が決まった時。
プランニングしたお住まいが完成し、気持ちのよい空間になったのを実感した時。
そして、完成したお住まいをお客さまに喜んでいただけた時です。

―永森建設のいいところは?
「神は細部に宿る」
情熱を持った社員が、細かい部分までこだわりを持って、最善の提案をするところです。

―今後の目標を教えてください。
一年間の育児休業を経て、職場復帰しました。
出産と子育てを経験したことで、住まいづくりについても、これまで以上にいろいろなことを考えるようになりました。
自身の経験を生かし、共働きのご夫婦や子育て世代の方にも寄り添える提案をしていきたいです。

―マイホームを検討中の方にメッセージをお願いします。
一生に一度の住まいづくり、悩むことも多いと思います。
住まいに対する期待、不安など、どんなことでもかまいません。すべて、私たち設計士にぶつけて下さい。
必ず「幸せになれる住まい」をご提案いたします。

設計士としてのプライドをもって「お客さまが幸せになれる住まい」の提案に取り組む、『アイ設計事務所』高橋のご紹介でした!

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP