住まいづくりコラム

2020.04.14福井市高柳の展示場「なが楽の家」の魅力をたっぷりとご紹介!

 

まずは、下の写真をご覧ください。

純和風建築の間に佇む、和の趣と現代的な美しさを兼ね備えた塗り壁の家。

これが永森建設本店の隣に位置する、二世帯モデルハウス「なが楽(ら)の家」です。

この「なが楽の家」の魅力を、永森建設営業課の足立が2回にわたってお伝えしていきます!

近づいてみると、アール状のコンクリート塀と植栽の向こうにタイル張りの壁が見えてきます。

写真ではわかりませんが、このタイル壁もゆるやかなアールを描いています

アプローチを回り込むと玄関があります。前面道路から家の中が見えない、プライバシーに配慮した設計になっています。

玄関を開けると、まず飛び込んでくるのが奥行きのある土間。突き当りの引き戸を開けると、脇玄関に通じる通り土間になっています。
脇玄関に充実した収納を設けることで、すっきりとした美しい玄関を維持できますよ。

最初の見どころは、なんといっても開放感たっぷりのLDK。

二世帯の家族みんなが集まる場所。

中庭につながるリビングを「団らんの間」、畳敷きの小上がりがあるダイニングを「集いの間」と呼んでいます。

テレビや読書を楽しむ人、縁側でくつろぐ人、畳の上でごろ寝する人。同じ空間にいながら、家族が思い思いに自分の時間を楽しめます。
とくに、家の中と外をゆるやかにつなぐ大開口と広い縁側は、多くの方々から好評をいただいています。

部屋全体を見渡せるアイランドキッチンで、嫁姑、あるいは親子やご夫婦でお料理もいいですね!

このほか、洗面室・脱衣室の隣にランドリールーム、ファミリークロークと家事動線もバッチリです!

次回は、親世帯・子世帯それぞれのプライベートゾーンをお見せします。お楽しみに!

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP