住まいづくりコラム

2020.12.10福井の、冬の過ごし方

永森建設設計課の高橋です。

寒い冬。皆さま、どのようにお過ごしですか?
断熱材も入っておらず、隙間だらけだった一昔前の家とは違い、最近では住宅の断熱性能も向上し、真冬でもずいぶんと過ごしやすくなりました。

それでも、冬の暖房は必須です。家を新築するにあたり、どのような暖房器具を導入すべきか、迷っていらっしゃる方も多いのでは?

石油ストーブやファンヒーターを愛用している方もいらっしゃるかもしれませんが、灯油を使う暖房器具は、よほど小まめに換気しないと結露の原因となってしまいます。
新居での使用は、できるだけ避けたいところですね。

一般的なのは、やはりエアコンです。
または、エアコンと床暖房の併用でしょうか。

暖かい空気は上へ、上へと上昇してしまうため、高い天井や吹き抜けのあるお宅では、寒さを気にして床暖房を入れるお客さまも少なくありません。
実際、床から放射される輻射熱は、足元が冷えることなく部屋全体をやさしく暖めてくれるので、とても快適です。

コストパフォーマンスを重視するなら、エアコン単体での設置がおすすめです。高気密・高断熱にこだわった永森の住まいなら、エアコンだけでも寒さは感じません。

吹き抜けには、シーリングファンが効果的です。下向きに羽根を回転させ、空気を撹拌(かくはん)することで、暖房効率は大幅にアップします。
比較的コンパクトなお宅なら、ちょっとした間取りの工夫で、エアコン1台で家全体を暖めることも可能ですよ。

吹き抜けには薪ストーブもいいですね。
薪の準備が必要なこと、建物の気密・断熱性が高いと室内が熱くなりすぎてしまうなどの問題はありますが、なんといっても雰囲気がいいですし、癒しの効果は抜群です。

あなたのお住まいに合った暖房方法、見つけてくださいね。

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP