住まいづくりコラム

2021.02.05平屋と二階建て、どっちがいい?

こんにちは。永森建設です。

ここ数年「家を建てるなら平屋を建てたい!」いう方が増えてきています。

そこで今回は、今人気の平屋と二階建てを比較してご紹介します。

 

平屋とは、“一階建ての建物”のことです。

通常は主寝室や子供室を二階に設けることが多いですが、すべてを一階におさめることで、老後も安心して暮らすことが出来ます。

 

 

平屋のメリットとしては、

1.家事がしやすい

2.家族のコミュニケーションがとりやすい

3.老後も安心して暮らしやすい

4.階段がないためスペースを有効に使える

などがあげられます。

 

 

平屋は二階がないため、階段の上り下りをせずに家事全般を行うことが出来ます。

そのため生活動線がコンパクトになり、労力を減らすことが出来ます。

家事は毎日のことなので、生活動線が短くなることでかなり負担が減りますよね。

また老後に階段の上り下りが困難になったとしても、安心してゆったりとした生活ができます。

また高齢者だけで無く、小さなお子様のいる家庭でも安心です。

 

平屋の場合、リビングを中心に家族の気配を感じることができ、自然と家族とのコミュニケーションをとる時間が増えることも特徴です。

しかし平屋を建てる場合は広い敷地が必要です。

逆に二階建ての場合は、高さを利用して限られた敷地で大きな床面積を確保することができる為、平屋に比べ広い敷地は必要ではありません。

 

 

このように生活動線や予算、家族構成、土地の広さなどを考え、どちらが合っているか検討してみてください。

 

永森建設でも様々な平屋と二階建ての事例を紹介しています。

インスタグラムにもアップしていきますので是非チェックしてみてください!

 

★永森建設インスタグラム★

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP