住まいづくりコラム

2020.09.22実績で選びました!地震に強い家

こんにちは、永森建設工務課の大林です!

皆さまは、「耐震等級」という言葉を聞いたことはありますか?
住宅の耐震基準は、建築基準法により「耐震等級1」を満たすことを義務づけられています。
「耐震等級1」は、震度6強から7程度の大地震でも倒壊・崩壊しないことを目安としたもの。さらに、2000年には木造住宅に対し、基礎や接合部、耐力壁のバランスに関する変更が追加されました。
つまり、現代の住宅は建築基準法に則って設計・施工している限り、大地震が起きてもすぐには倒壊しない。命の危険はないということです。

しかし、一般的な耐震構造には1つ問題点があります。
それは、耐震構造の場合は建物の倒壊を防ぐことはできるけれど、建物内部の損傷は防げないということ。
耐力壁や筋交いを入れ、接合部をガッチリ固定して、揺れに耐える骨組みをつくるのが耐震構造です。
建物本体は当然ながら丈夫になりますが、柔軟性に欠けることで地震の振動がダイレクトに建物へ伝わってしまい、家具が動いたり、躯体に負担がかかったりという内部損傷につながるのです。

そこで、永森建設では基本的な耐震構造に加え、制震ユニットも取り入れています。それが、制震ダンパー「MIRAIE」
制震とは骨組みにダンパーを組み込むことにより、建物の揺れを吸収する工法のこと。
建物の揺れを抑えることで、内部損傷を最低限にとどめることができます。

制震ダンパーにもいろいろありますが、当社が「MIRAIE」を採用したのは、その実績。
2回にわたる震度7の揺れと、繰り返す余震で多くの建物にダメージを与えた熊本地震においても、「MIRAIE」の家は全壊・半壊ゼロ!

大地震から日本全国の建物と人々の命を守り続けているのが、「MIRAIE」なのです。

永森建設ではこうした実績を踏まえ、お客様の大切なお住まいとご家族を守るための選択として「MIRAIE」を導入しました。
私どもは、ただ快適なだけではない、万が一の場合にも皆さまの安心・安全を保証できる住まいをご提案いたします。

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP