住まいづくりコラム

2020.05.28営業課 川猿「直感で入社を決めました」

こんにちは! 永森建設企画課の清水です。
今回も営業課から、川猿一夢をご紹介します。

【営業課】
川猿 一夢|かわざる ひとむ
2016年4月入社
福井県坂井市出身

―永森建設に入社したきっかけは?
大学のゼミの教授からすすめられて、会社説明会に参加しました。
福井での就職は考えていなかったのですが、会社の雰囲気や社員の方の人柄にほれ込み、「もう、ここしかない!」と。

―現在の担当業務は?
営業ですが、部下の育成も行っています。セミナーや会社説明会に参加することも。

―お仕事する中で気を付けていることは?
話を「聴く」こと「共感する」こと。
お客様が何に困っているのか、何を必要としているのか、言葉や表情から素早く読み取れるよう、日々努力しています。

―どんなときにやりがいを感じますか?
お客様が自社を選んでくださったとき。自社の価値をきちんとお伝えできたとき。部下が成果を上げたときも、自分のことのようにうれしく感じます。

―もっともうれしかったエピソードは?
10社以上検討しているお客様に、初対面で「あなたに決めた!」と言っていただいたこと。私という人間、自社の考え方に共感していただけたのだと。二度目にお会いした時には仮契約をいただきました。

―川猿さんが思う、永森建設のいいところは?
ただ長持ちするだけの家ではなく、福井の気候や環境に適応した住まいを提案できるところですね。

―今後の目標を教えてください。
すべてのお客様から「永森さんで建てて良かった」と言っていただけるような提案ができる営業になること。部下を一人前の営業スタッフとして送り出すこと。

―マイホームを検討中の方にメッセージをお願いします。
初めてのこと、分からないことばかりで不安になることもあるでしょう。その不安を一緒に解決していくことが、私たちの役目です。
どんな小さなこと、些細なことでも、お気軽にご相談ください!

会社や仕事に対する熱量が伝わってきますね。きっと、こういう気持ちがお客様にも伝わるのでしょう。
本日は営業スタッフ、川猿のご紹介でした。
次回は設計課のスタッフをご紹介します。どうぞお楽しみに!

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP