住まいづくりコラム

2020.12.03あなたはハウスメーカー?それとも工務店?

こんにちは、永森建設営業課の友田です!

ハウスメーカーと工務店の違いをご存じですか?
似て非なる両者の違いを一言で説明するならば、ハウスメーカーは「家を売る」会社、工務店は「家をつくる」会社。これが、もっとも大きな違いです。
もう少し、くわしく説明していきましょう。

まずは、ハウスメーカー。
明確な定義があるわけではなく、住宅をシステム化し、工場生産する会社全般をハウスメーカーと呼んでいます。
建築資材を工場で大量生産し、現場で組み立てていくことにより合理化を図ったもので、プレハブ住宅とも呼ばれます。

工場生産により一定の品質が確保されている反面、仕様が規格化されているため自由度の低さがデメリットといえるでしょう。
自社製品の研究開発や営業がハウスメーカーの主な業務であり、施工は委託された地域の工務店が行います。

一方、工務店は地域を拠点に住宅の施工を行う会社のことで、社長ひとり、もしくは社長以下数名の小規模な会社から、永森建設のような100名超の社員を抱える会社まで、その規模はさまざま。
その大多数が、土台の上に柱を建て、梁を架けて小屋組みを組んでいく、伝統的な木造軸組工法を採用しています。

設計を外部に委託していたり、大工は外注だったりと、体制も会社によって異なりますが、基本的には受注から完成まで責任を負う、責任一貫施工体制です。

ハウスメーカーには大手企業ならではの安心感がありますが、工務店には地域に根差した信頼性があり、どちらを選ぶかは個人の考えによるところが大きいでしょう。

永森建設は、設計から施工までを一貫して請け負う地元工務店です。
福井に根を下ろし、福井の気候・地域性を知り尽くし、福井のお客さまに支えられて、早30年。
今後も“ものづくり”の会社として、末永く皆さまとお付き合いさせていただく所存です。

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP