住まいづくりコラム

2020.11.03「見まわり大工」は生涯のパートナー

こんにちは、永森建設工務課の大林です!

以前このブログの中で、永森建設のアフター保証とメンテナンスに関する内容を取り上げました。
いつまでも健康な住まいを

この中で、専門の技術者集団「見まわり大工」について少しお伝えしました。

「見まわり大工」とは、既存のお客さまのアフターフォローを専門とする、工務スタッフのこと。

定期点検に限らず、お住まいのちょっとした困りごとから設備や建具の不具合、漏水・漏電といった緊急事態にも、「見まわり大工」が対応いたします。
スタッフは大工や電気屋を前職に持つ専門技術者ばかりですから、メンテナンスや補修もその場でスピーディーに行えます。

アフター専門のスタッフがいる住宅会社は、福井県でも数えるほどしかありません。
多くの場合、新築やリフォームに携わった現場監督がその後のフォローを担当するため、ほかの現場を抱えていると、どうしてもアフターの対応が遅れがちになってしまいます。

しかし、目の前のお客さまを優先にし、既存のお客さまをあと回しにすることは、私どもとしても本意ではありません。

「建てたあとまで、双方が納得のいくサービスを提供したい」

そう考えて体制を見直したのが、15年前。「見まわり大工」の発足です。

以来、お客さまをお待たせすることもなく、永森建設のアフターメンテナンスの質は大幅に向上しました。

永森建設の「見まわり大工」はこれからも、生涯のパートナーとしてお客さまの住まいと暮らしを見守り続けます。
お引き渡し後、何か困ったことがあれば、「見まわり大工」へお気軽にお電話ください!

プロフェッショナルのひとりごと

PAGE TOP