スタッフブログ住まいのことと、福井のことと、自分のことと。

スタッフブログ

2017.03.27収納の適材適所

すーさんです。

また桜の季節がやってまいりました。

今年もいっぱい設計のお打ち合わせが入りそうです。

 

よく、お客様から

「収納をたくさん作って下さい」とお願いされます。

でも収納をたくさん作ったから、

物が片付くというわけではないと言います。

収納のポイントは、「片付けやすい部屋を作ること」です。

つまりは、出来るだけ動かずに収納できるスペースをつくることで、

“片付ける収納スペースが隣の部屋にしかないため、

隣の部屋まで行かなければならない!“という事態をなくすことです。

 

 

 

納戸や物入れの奥に、使わないものがたくさん溢れていませんか?

いつか処分しようと思っていても、

普段見えない場所に収納してあるものは結局処分されず、

そのままになることが多いと言います。

使いやすい収納は、廊下など広い壁が確保できて、

扉を開けると中のものが全部見えるような奥行きの浅い収納。

体積を重視したものではなく、

壁面収納のように表面積を確保する収納が良いと言われています。

 

 

特に毎日の生活で、新聞や雑誌・郵便物などは収納せず、

テーブル等に置きっぱなしになりがちです。

食卓などが散らかりますので、

手近なところに一時保管スペースのような、

扉を付けないオープン収納棚・浅い食器棚があると便利です。

いっぱいになったら、捨てるとか収納庫に移すなりができますので、

毎日片付けなくても気楽に処理ができます。

 

重要なのは、扉を付けず、中のものを隠さないように見せることです!

 

 

 

設計士と相談して、適材適所に便利に使える収納をご提案いたします。

またお会いしましょう~

 

営業課 鈴木

 

スタッフブログ

アーカイブ

PAGE TOP