永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 習うなら、一流に。

    当社の売りは?と、よくお客様に聞かれます。

    まず、第一は「提案力(設計力)です」と全営業は答えると思います。

     

     

    当社では、一昨年より今年にかけて、中途採用も含め新人設計士を9名採用いたしました。

     

    この9人衆に申し上げたい。

     

     

    文字の基本は楷書です。

    剣道はすぶり

    絵はデザインや模写からスタートします。

     

    真似ているうちに、基本ができ、独自の絵が描けるようになります。

     

    接客の基本も、同じく真似ることなのです。

     

    ここで大切なことは、真似る相手です。

    その相手も、一流でなければなりません。

    三流に教えてもらったり、三流を手本にしていたりしては、悲劇です。

     

    最近、古美術商(古道具やさん)で三国の船ダンス(江戸末期)・衣装ダンス(明治初期)・初期伊万里(1600年~1620年頃の中皿)・藍九谷(1640~1650年の小皿)を購入しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (これらは、高柳展示場に置いてあります。)

     

     

     

     

     

    私は、古道具が好きなだけで、決して「目利き」ではありません。

    なんとか鑑定団に、いずれは出してみたいなと思っています。

    ちなみに、掛け軸も好きです。

     

    この前、ある小藩のお抱え絵師 狩野素川(かのう そせん)が書いたという、三代松原 三幅の日本画を購入しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ホームページで見ると、偽物が多く、印章と落款で確認が大切と書いてありました。

    私はだまされているのかもしれません。

    ただ良いものを見続けることが、最高の目利きになると信じているのです。

     

     

    いささか高い勉強代になりましたがね。

    へへへ。^^

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。