永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 登山 第二弾 -夜叉ヶ池- 1

    前回のブログで書きましたとおり、8月16日荒島岳登頂は、残念ながら途中で断念しました。

    ところが以前から、小学校四年生と小学校二年生の孫と「夏休みの宿題が終わったら、一緒に山登りをする」と約束していたため、無事宿題を終えた孫と8月28日に孫と私の長男とで夜叉ヶ池を目指しました。

     

    夜叉ヶ池は広部ダムの近くで、ダムから車で15分ほど(約4キロ)林道を走り、登山口に到着。

    登山口で登山名簿に記入し、9時からスタートしました。

     

     

    ここで少し夜叉ヶ池のお話を。

    夜叉ヶ池は、福井県と岐阜県の県境、標高1,100mの山頂に満々と水をたたえる池です。

    周囲はブナの原生林におおわれていて、数十万年前に起きた地滑りによってできた窪地に雨水や周辺の山からの伏流水が溜まり、池になったと考えられています。

     

    また、夜叉ヶ池には固有種であるヤシャゲンゴロウが生息しています。

    その保護の為、林野庁の福井森林管理署が湖畔に遊歩道を設けました。

    以前は、土の歩道がありましたが、登山者が歩くと土砂が池に入り、ヤシャゲンゴロウの産卵場所が荒らされることが問題となっていました。

    また、雨が降ると池の水かさが増し、通行止めになることも度々ありました。

    新設された遊歩道は、木製で長さが約100メートル。池への影響を考え、薬剤を使用せずとも良いよう、材料には腐りにくいコウヤマキ・ヒバを使用しています。

    これによりヤシャゲンゴロウの産卵場所の保護と周囲の植物が踏み荒らされる心配もなくなりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。