永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 電気工事について

    今日は電気工事について。

     

    当社は電気工事についても施工マニュアルがあります。

    下部の写真のように隅から隅へ直線で走るのではなく、天井裏の構造につたって鍵型に配線します。

    電気の線も手間も、2倍も3倍もかかってきますが・・・。

     

     

     

     

     【他社施工】

    こちらは他社施工の写真です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    喚起口の上に線が這わせてあります。

    線がごちゃまぜになってわからなくなっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    セルロースファイバー(断熱材)の中に電気の線が這っています。

    こちらは、ただ天井裏に線を転がしてあるだけで、

    その上にセルロースファイバーを吹き込んだため、断熱材から線が出ているのです。

     

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    線が結束されていないので、修理や点検で線を引っ張った際に、

    ロックウール(断熱材)が浮いたり、表面が破けてしまったりします。

     

    天井にロックウールやグラスウールがただひいてあっても、電気の線がきちんと施工されていないと、電線が下に入ったり断熱の間に入ってしまったりするため、断熱効果が薄れてしまうのです。

     

    特別、セルロースファイバーの薄いところは温度差が出来、内部結露する可能性があります。

     

     

     

     【当社施工】

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こちらは現在当社で工事中のお宅です。

    構造材に線を這わせ結束させ、断熱材はシートで囲います。 

    線がきちっとしてあれば、断熱工事もスムーズになりますね。

    断熱材の厚さが均一でないと、断熱効果の薄いところが出来てしまいます。

     

    ですので、一概にコストの高さ・安さでは決めてはいけないのですよ。

    当社も10年ほど前から徹底的に指導・指示をし、さきほどの写真のように完全施工をしております。

    それは将来にわたってお客様のことを考えているからです。

     

    ご自宅の天井裏をのぞいてみてください。

    その会社の良し悪しがわかりますね。

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。