永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • 両親が残してくれた財産。

    先月28日に身罷(みまか)った母親の夢を見ました。

    ただ枕元に母親がいました。

    一言も言わず笑うでなく、泣くでなく。

     

    母親は5年前認知症にかかりました。

    最後には息子のことを認識できなくなるほど症状が進み、

    苦しむことなく、人に迷惑をかけることなく、旅立ちました。

     

    生前中、父親と母親は同じ布団に入り、手を取り合い、

    「今日も1日ありがとう」と言葉をかけていたそうです。

     「お前ら夫婦もそうするんだぞ」といつも言われていましたが・・・

    年を取るとなかなか照れくさく、どうも私は出来ていません。

     

    父親は4年前に突然亡くなりましたが、生前中はいつも母親のことを気にし、

    「ばぁちゃんは、若いとき本当によく働いた。だから、みんなでばぁちゃんのことを頼む」と口癖のように言っておりました。

    今頃は2人手を取り合い、あの世でも仲のよい夫婦でいると思います。

     

    2人が残してくれた財産は、

    「1に働け。2に働け。3に働け。働かないものは飯食うべからず。

    そして夫婦仲良く手を取り合い、力尽きるまで寄り添え。」

    このこと2つでした。

     

    両親は私に、働く姿勢を見せてくれ、働く喜び、働く楽しさを教えてくれました。

    そして夫婦のあるべき姿を教えてくれた気がします。

    私が残してもらった財産のように、その姿を自分の子供たちに見せたいものです。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。