永森芳信の本物志向

永森芳信

エーシングループ
代表取締役
永森 芳信

  • ~最近つくづく感じること(10)~営業と、設計と、現場監督と、職人と、お客様と・・・一体となって心ある家づくりを。

    最近つくづく感じることがあります。

     

    本日大変嬉しく感じることがあり、報告まで。

    当社の営業担当から「こんなお手紙を頂きました」と

    手紙を受け取り、読ませていただきました。

     

    「娘を4年間だけ福井へいさせるつもりで大学へ出しました。

    そこで縁あって、○○さん(施主様です)と出会い、結婚。

    孫も出来、やれやれと思っていたところに、今度は家を建てると言い出し、

    親としては本当に目の回る思いです。」という内容で・・・

     

    「営業担当の方には、私たちの素人質問に丁寧に答えていただき、

    設計・コーディネーターの皆さんも一緒になって汗を流して、

    草むしりや清掃をしていただき、頭が下がる思いでいっぱいでした・・・・・。」

     

    最後に、

    家は一生の宝物です。

    まだまだ若い二人には足りない点・気づかない点があるかと思いますが、

    どうか、なんなりと教えてやっていただきたいと思います。

    完成した折には、孫の顔を見に福井へ行くのが今からとても楽しみです。

    頂いたお葉書、記念に大切に保管します。

    (娘とこんな風に写真を撮っていただいたのは結婚式以来かも・・・・・・)」

    というお礼状でした。

     

    親はどこに子供がいようとも、心配で心もとなく思うものですが、

    苦労しつつ一人前になっていく姿が嬉しいのです。

    それはこれからも夫婦で築き上げるものであってほしいのですが、

    親はその字のとおり、ただ木の上に立って見るしかありません。

    子供の成長を本当に楽しみにしているものなのです。

    そんな愛情を強く感じることの出来事でした。

     

    ただ私としては、当社の社員が建前の日に汗だくになって一生懸命やってくれ、

    営業社員がその写真や感じた言葉を娘さんのご両親にまで届け、

    ご両親と娘さんとの愛情のつながりに当社の社員が一翼担い、大変嬉しいのです。

     

    家づくりというのは、技術力・提案力・素材力というハードな面も大切ですが、

    それ以上に、心(感謝・感動・感激)が入っているということが大切で、思い出になるのです。

    それを繰り返す事が人生だと私は思うのです。

     

     

    永森の建前は、ドラマだ。

     

     

     

    ・・・・ちょっと、うぬぼれですかね。

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。