住まいづくり大好き

4月   
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • 2017年12月12日

    性能に関する数値をイメージしよう

    積算課の松村です。

    今回は、住宅の省エネルギー性能を表す数値について

    お話ししたいと思います。

     

    皆さんはUA値、C値という言葉をご存知ですか?

     

    UA外皮平均熱貫流率といい、

    外皮(床・壁・屋根・窓など外部との境界となる部分)

    がどれだけ熱を通しやすいか(あるいは通しにくいか)

    を表す数値です。

     

    C相当隙間面積といい、

    建物全体にどれだけの隙間があるかを表す数値です。

    どちらも小さければ小さいほど性能が高いことを表します。

     

      ------------------------------------------------------------------

     

     

     

     

     ------------------------------------------------------------------

     

    では、求められる水準はどの程度なのでしょうか。

    UA 0.87以下(H28年の省エネ基準)

    C 5.0以下(H11年の省エネ基準)

    ただし、高気密といわれるには

    C1.0以下を目指す必要があるといわれています。

     

    UAは、使用される断熱材の種類と厚さ、

    窓の性能でほぼ決まります。

    そのうち、窓から逃げる(または入り込む)熱は、

    建物全体の5~6割を占めるといわれます。

    ですから、断熱材を厚くするよりも

    窓の性能を上げる方が効果的です。

     

    Cは、建物の隙間面積の合計(㎠)を

    延べ床面積(㎡)で割った値です。

    40坪(132㎡)の建物でC1.0の場合、

    家全体で132㎠の隙間が空いていることになります。

    大きさにすると約11.5㎝角になります。

    家全体の全ての隙間を集めてこの大きさです。

     

     

     

    これらの数値をイメージし易く例えるなら、

    窓の対策をなおざりにして断熱材を厚くするのは、

    ダウンジャケットに短パン姿のようなもの。

    断熱性能を高くして隙間を塞がないのは、

    ダウンジャケットのファスナーを開けているようなもので、

    外皮と隙間どちらか一方だけではバランスが悪いといえます。

     

    UACに共通していえることは、

    窓の影響を受けるということです。

    窓面積が大きくなれば熱損失は大きくなり、

    開放性の高い引違い窓を多用すれば

    隙間面積は大きくなります。

    だからといって、窓面積を小さくし気密性の高い

    小さなすべり出し窓を多用すると、とても窮屈になります。

     

    つまり性能も大事ですが、

    どのような暮らしをしたいかを思い描いたうえで、

    バランスの良い計画をすることが大事だと考えます。

     

     

    住まいの気になることは、弊社にお気軽にご相談ください。

     

     

    積算課 松村

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。