住まいづくり大好き

12月   
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 2017年10月22日

    受け継がれる技術と文化

    積算課の松村です。

     

    10月15日に奈良の東大寺へ行ってきました。

    奈良時代に東大寺の荘園が

    福井市の上文殊地区にあったことから、

    上文殊小学校隣の献上田で収穫したお米を

    東大寺へ奉納する「お米送り行事」を毎年行っており、

    子供たちと初参加しました。

     

    東大寺大仏殿は奈良時代創建ですが、

    2度大火(焼き討ち)に遭っており

    1度目は平安時代、平清盛の息子重衡によって、

    2度目は室町時代、松永久秀と三好・筒井連合軍の

    戦闘の際に焼失しました。

     

    現在の大仏殿は、江戸時代5代将軍綱吉の

    援助で再建されたものです。

    20年ぶりに見る大仏様と大仏殿はとても大きく、

    どのようにして建てたのか想像もつきませんでした。

    しかも、創建当初の大仏殿は今の大きさの

    1.5倍ほどだったそうです。

    明治時代には屋根が自重で崩れてきたため、

    当時最新の鉄骨トラスで、屋根裏が補強されています。

     

     

    行きのバスの中で見た録画の

    「ブラタモリ」で知ったのですが、

    江戸時代には柱に使える巨木が無かったため、

    短い柱を3~4本継いで、

    その外側に扇型に加工した木材を並べて

    ニカワで接着し、鉄釘と輪で固めて

    「集成材」のようなつくりにしていたそうです。

     

    現代の接着剤を用いた集成材は、

    1893年にドイツ人のオットーヘッツェルが

    考えだしたものといわれており、

    大仏殿の柱はそれより200年前に遡ることになります。

     

     

    法要後に大仏様の台座に上げていただき、

    間近で拝むことができました。

    日本人の技術力は昔からすごかったのだと感激し、

    大昔から受け継がれているものの

    素晴らしさを改めて実感しました。

     

    当日はハードスケジュールで

    ゆっくり見学する時間がなかったので

    改めてじっくりと参拝したいと思います。

     

    積算課 松村

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

        (アイコンをclick!)

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。