住まいづくり大好き

03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 2016年03月29日

    3月26日杜の手しごと市を開催いたしました-企画課-

    先日3月26日に開催しました、杜の手しごと市。

    少し肌寒かったもののお天気に恵まれ、たくさんのご来場をいただきました。

    ありがとうございます。

     

    今回で10回目となり、回を重ねるごとに

    パワーアップしてきているのを感じております。

    出店自体が初めてという作家さんもいらっしゃり、

    他の作家さんがアドバイスして皆で杜の手しごと市を

    盛り上げてくれる場面も。

    また、当初は緊張気味だった私たちスタッフも

    作家さんの温かさにふれ和やかで

    今では和気あいあいとしたイベントになっています。

    人とのつながりもこの杜の手しごと市の魅力です。

    そして作品に込められた思いやアイデアを直接作家さんから

    聞ける楽しさもこの手しごと市ならではです。

    ぜひご来場いただき、ご体感いただきたいと思っています。

     

    さて、今回のイベントの様子をご紹介いたします。

     

    次回は4月23日(土)、ご友人ご家族お揃いでぜひご来場下さい。

    皆様のお越しをお待ちいたしております。

  • 2016年03月25日

    本日発売URARA4月号

    本日発売URARA4月号に

    弊社設計士 柳澤 有紀の特集記事が掲載されました!!

    『第1回ふくいグッドジョブ女性表彰』授与者の特集です。

    ぜひご覧ください^^

    記事中にある『ながもり木箱』モデルハウスオープンイベントは

    今週末も開催いたします。

    こちらにも是非お越し下さい♪お待ちしております♪♪

     

    総務課 永森 智子

     

     

     

  • 2016年03月15日

    調べることの意義

     

    昨年から「R3研究会」という不動産業界で働く女性が集まり、

    テーマに沿って研究発表を行う勉強会に参加させて頂いています。

     

    先日行われた例会で担当となり、緊張しながらも発表してきました!

    テーマは

    『譲渡所得における誤りやすい事例と「できる規定」の解釈』です。

     

     

    この手の発表を行うときは、ネット、本、人に聞くなどしながら、

    わかりやすい資料を探したり、

    知らない事を調べて確かめたり、

    知っていても改めて調べ直したりなどなど、

    確認しながら資料を作っていきますよね。

    (結構時間がかかって大変ですけど・・・)

    これらのことは、

    誰のためではなく「自分のために」する事と言われています。

     

    私も参考書を読み、基本通達読み、再度参考書を読み、事例を探してと

    調べに調べて作成しましたよ^^;

    発表する責任と、カルト的なことを入れ込んだので

    調べ物が多くなったわけですが、

    面倒な反面、楽しいと思う自分がいたり…と不思議な感じです。

    確かに、この過程を踏むと「自分のため」だと実感しますね。

    知識が増えた!覚えた!!と充足感で満たされますから^^

     

    ですが、残念なことに、忘れるのも早いのが現実・・・・

     

    そんな訳で私は、

    記憶に引っかかる何かを作り出し、起ったときに再度調べる。

    これを繰り返すことが大切なのだと自分に言い聞かせています^^

     

     

    総務経理課

    塩田 和子

     

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。