住まいづくり大好き

07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 2013年07月28日

    ワタのおはなし -企画課-

    昨日テレビを見ていたら、世界一受けたい某番組で、

    「ワタ」の話というのをしておりました。

    綿花の「綿」ではなく、野菜や果物なんかのワタです。

    なんでも、種が混じっていたりでついつい捨てがちなワタは、

    果肉に比べて栄養価が高いんだとか。

    いわれてみれば、たしかにそんな感じがしないでもない、かも・・・?

    番組では、ピーマン、かぼちゃ、メロンなどのワタが紹介されていましたが、

    メロンのワタとか・・・、

     

    普通捨てませんか、先生・・・!

     

    と若干衝撃を受けたものの、なるほど、

    メロンのワタはミキサーでジュースにするといいみたいですね。

    それなら種も気にならないし、

    おいしいメロンにメロンジュースまでいただけてしかも体にもいいと・・・。

    やるな、メロン。

    メロンの種は漢方にも使われるそうなので、

    皆様メロンを召し上がる際は是非お試しください。

    ちなみに効能は、口臭、腰膝の痛みなどだそうです。

     

     

    企画課  吉田理恵

  • 2013年07月27日

    梅雨明け間近 -企画課-

     

    今日のブログは何を書こうかなーと思いながら、今日がどんな日なのか

    ちょっと調べていたところ、フィンランドでは『お寝坊さんの日』っていう

    年中行事の日なんだそうですよ。

    名称だけ聞いて『朝寝坊、2度寝、その他いろいろ全部OK!』みたいな

    素敵な日なのかなと思いきや、家で一番遅くまで寝ていた人を

    水に投げ込むなどして起こす日なんですって!…それはちょっと 笑

     

     

    さて。今年は梅雨入りも遅かったですが、梅雨のこともすっかり忘れかけた今頃に

    なってもなかなか梅雨明けしませんね。

    北陸の昨年の梅雨明けは7月26日、平年では7月24日だそうです。

    『雷がなると梅雨が明ける』とか言いますし、昨夜の雷は前触れかもしれませんね^^

     

     

     

    毎日暑いしジメジメするし、かといってエアコンに頼りすぎたり

    冷たいものばっかり食べたりしていると夏バテもするし、

    朝は早くから明るいから寝不足にもなるし。。。

    体調管理が難しい時期ですが、万全の態勢で夏を満喫できるように、

    みなさましっかりとご自愛くださいね。

     

     

     

     

     

     企画課 加藤里美 

     

    

  • 2013年07月26日

    結夏号が発刊いたしました。-企画課-

    本日午前中、工場の写真撮影に立ち会っておりました。

    予想最高気温は34度。

    日向では、立っているだけで汗がだらだらと流れ、ついつい日陰に隠れてしまいました。

    クーラーの効いた事務所でぬくぬく?と過ごしている自分に少し反省。

    外仕事の方の大変さを改めて実感いたしました。

    いつもいつも、ありがとうございます。

    本日も水分補給をしっかりと、熱中症には十分気をつけてください!

     

    さて、先日、結夏号を発刊いたしました。

     

     

     

     

     

     

    「100人100色のライフスタイル」では、近距離型二世帯住宅を選ばれたM様を訪問し、お話を伺いました。

    ご両親のお住まいから徒歩3分の距離の土地を購入され、自然素材・古材をふんだんに使用したM様のお住まい。

    近距離型二世帯住宅を選ばれた経緯や、ご両親との交流の様子などをご紹介しております。

     

    「It’a nice day」では、ご入居後も安心して永森の住まいにお住まいになっていただくために、年に4回開催している入居者イベントの様子をご紹介。

    今回は「体に優しいパフェづくり教室」を開催いたしました。教室の様子や、今回作成したレシピを公開しております。ご家庭でもぜひチャレンジしてみてください。

     

    「住まいづくりのいろは」では、県産材・国産材の利用に対する補助金について取り上げています。ご紹介しております制度には予算枠がありますので、詳細をお知りになりたい方は、最新の情報を備えたお近くの営業マンにご相談ください。^^

     

    皆様の生活に結で彩りを・・・。

     

    企画課 小川温子

     

  • 2013年07月19日

    1:29:300 -企画・総務経理課-

     7/16火曜日、当社の専属棟梁と施工業者の協力会「永匠会」の安全大会を中小企業産業大校にて開催しました。講師に、労働安全コンサルタントの萬谷福雄様をお招きし、低層住宅建築工事の安全について講和をして頂きました。

     安全大会の目的は、日常の作業における危険を一人一人が再認識し、安全意識の高揚を図り労働災害の防止につなげることです。現場での事故を防止することは、お客様に気持ちよくお引渡しし末永くお住まいいただくこと、そして現場で作業する大工さん、職人さん、社員とそのご家族を守ること、さらに会社の経営を守ること、につながります。

     興味深い話題として、人は必ず無意識に不安全行動を行い(ヒューマンエラー)、事故が起きるということ。ヒューマンエラーを重大災害につなげないために、設備を安全にしておくことが大事ということです。

     皆さんは、ハインリッヒの法則をご存知でしょうか。労働災害に関する経験則の1つで、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、さらにその背後には事故に至らなかった300の異常な状態(ヒヤリ、ハット)が存在するというものです。

     

     労働災害を防止するには、まず潜在的に不安全な状態を解消してヒヤリ・ハットを防ぎ、軽微な事故を無くすことです。軽微な事故が無くなれば、重大事故も無くなるのです。

     この法則は、労働災害だけでなく日常業務にもあてはめることができます。人は誰でもミスを犯しますが、潜在的にミスが発生する状況を解消すれば、致命的なミスを防ぐことができると言い換えられます。

     日頃から少し意識すれば大事にならずに済むようなことがたくさんありますが、それを防ぐには日々の仕事や生活の中で、いつもと違う何かを感じ取る訓練を積んでおくことだと思います。

     家庭円満のためにも必要なことかもしれません。

     

     

    企画・総務経理課

    松村 信宏

  • 2013年07月14日

    住まいの見聞会を開催いたします。-企画課-

    私事ですが、今朝、今年初のスイカを食べました。^^

    甘くてみずみずしいスイカは、夏バテ気味の体にすっと入っていきました。

    旬のものは、安価な上に、その季節に必要とする栄養素をたっぷりと含んでおり、健康管理に活かしやすいのも魅力。

    せっかくですから、時のものを大切にした生活をしていきたいですね。

     

     

    さて、7月20日(土)・21日(日)に勝山市鹿谷町本郷会場にて住まいの見聞会を開催いたします。

    今回ご覧頂くお住まいは、永森が誇る匠、山内脩己の家

     

    50年の棟梁としての経験が生み出した、いつの時代でも変わることなく美しい家。

     

    ■外観

    のどかな山間の田園地帯に合う農家型の民家風デザイン

     

     

     

     

     ■玄関

    玄関ホールは梁と2階の床下地を見せて、昔懐かしい雰囲気の中に意匠性をも感じさせます。

    土壁、漆喰、畳、床材の幅広タモ、天然塗料で塗りこまれた重厚な柱が見事に調和しています。

     

     

    ■リビング

    リビングは柱、梁が美しいラインを出し、腰板、塗り壁と一体となって味わい深い雰囲気を生み出しています。

    畳コーナーは様々な使い方が可能で重宝します。薪ストーブは豪雪地帯の冬に暖かな時をおくることができます。

     

     

     

    住まいの見聞会の詳細に関しましては、永森建設(0776-52-0007)もしくは見聞会を見に行こう!までお問合せ下さい。

    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

     

    企画課 小川温子

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。