住まいづくり大好き

  • 2018年01月22日

    今年は。

     

    こんにちは。

    積算課の宇野です。

    ブログを書くのは、入社したとき以来になるので

    何年ぶりかになります。

    時が経つのは早いですね。

     

    時が経つのが早いといえば…

    今年は、4年に一度の冬季オリンピック、

    ワールドカップなど

    さまざまなスポーツの祭典がありますね!(^^)!

     

      

     

    スポーツ好きな私としては、

    駅伝や野球以外に楽しみが増えてうれしい限りです。

    仕事においても、試合前は

    楽しみだなと思って頑張ることができますし、

    試合後は感動とともに

    自分ももっと頑張ろうという気持ちになれます。

    きっといつもよりやる気がUPしているはずです…

     

    スポーツ選手に限らず、

    目標をもって日々努力している人は素敵ですよね。

    私のまわりにもたくさんいいますし、

    もちろん会社の中にも。

    今年は、思う存分スポーツを楽しんで

    自分なりの目標をもって

    充実した年になるようにしていきたいものです。

     

     

    積算課 宇野

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

        ウインタースポーツ

        冒険の旅

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2018年01月19日

    おもてなしの心

    こんにちは、殿森です。

    先日より悪天候が続いておりましたが、

    ようやく回復の兆しが見え始めましたね。

    皆様体調の方はいかがでしょうか。

     

    私事にはなりますが、

    去年の年末に石川県七尾市に小旅行に行きました。

    一昨年も同じ時期に行ったということもあり、

    毎年恒例の行事になりつつあります。

    お目当てはというとやはり旅館の醍醐味である

    美味しいお料理や温泉もそうですが、

    旅館ならではの雰囲気もその一つです。

    味わいある内装やアンティークな家具などは

    どこか懐かしく、温かい気持ちに浸ることができます。

     

     

     

    もう一つはおもてなし。

    心のこもった挨拶や、細かな気配り等は、

    お客様の満足を第一に考えたおもてなしです。

    旅館の雰囲気と相まって

    また来たい!と思える大きなきっかけとなります。

     

    そのおもてなしの心というのは旅館のみならず、

    お客様と接する仕事全般、

    もちろん当社にも当たり前に必要なものです。

    お客様が気持ちよくお打ち合わせができ、

    また来たいと思って頂ける、

    毎回のお打ち合わせが記憶に残るようなおもてなしを

    常に心がけていきたいです。

     

    工務課 殿森

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

        新潟へ

        FUKUI CRAFT TOURIZM vol.2@河和田

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年12月21日

    ウインタースポーツ

    寒い日が連日続きますが、

    皆さん体調は大丈夫ですか?

     

    雪も降って山には雪がしっかり積もり

    娘達はスキーに行きたい!と大はしゃぎです。

    例年、レンタルスキーで済ませてきましたが

    今年は泊まりで行くこともあり

    いよいよ買おうかと思っていました。

     

    そんな時、友達に「年間レンタルがあるよ」

    と聞いたので調べてみました。

    板・ブーツ・ストックの三点セットで

    一人当たり10,000円!

    これなら5回行ったら元が取れます。

    いちいち借りに行く手間も省けますし。

     

     

    今回、友達に聞かなかったら

    新品を二人分買うことになり

    かなりの出費だったと思います。

    新しいことを知る、自分の知らないことを

    調べるというのはとても大事ですね。

    仕事面でも、今までの当たり前がそうではなくなる、

    新しい商品や工法ができることも多々ありますの、

    日々勉強の精神で仕事に取り組んでいきたいです。

     

    工務課 五十嵐

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

          はきものをそろえるということ

          脱インドア

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

     

  • 2017年12月12日

    性能に関する数値をイメージしよう

    積算課の松村です。

    今回は、住宅の省エネルギー性能を表す数値について

    お話ししたいと思います。

     

    皆さんはUA値、C値という言葉をご存知ですか?

     

    UA外皮平均熱貫流率といい、

    外皮(床・壁・屋根・窓など外部との境界となる部分)

    がどれだけ熱を通しやすいか(あるいは通しにくいか)

    を表す数値です。

     

    C相当隙間面積といい、

    建物全体にどれだけの隙間があるかを表す数値です。

    どちらも小さければ小さいほど性能が高いことを表します。

     

      ------------------------------------------------------------------

     

     

     

     

     ------------------------------------------------------------------

     

    では、求められる水準はどの程度なのでしょうか。

    UA 0.87以下(H28年の省エネ基準)

    C 5.0以下(H11年の省エネ基準)

    ただし、高気密といわれるには

    C1.0以下を目指す必要があるといわれています。

     

    UAは、使用される断熱材の種類と厚さ、

    窓の性能でほぼ決まります。

    そのうち、窓から逃げる(または入り込む)熱は、

    建物全体の5~6割を占めるといわれます。

    ですから、断熱材を厚くするよりも

    窓の性能を上げる方が効果的です。

     

    Cは、建物の隙間面積の合計(㎠)を

    延べ床面積(㎡)で割った値です。

    40坪(132㎡)の建物でC1.0の場合、

    家全体で132㎠の隙間が空いていることになります。

    大きさにすると約11.5㎝角になります。

    家全体の全ての隙間を集めてこの大きさです。

     

     

     

    これらの数値をイメージし易く例えるなら、

    窓の対策をなおざりにして断熱材を厚くするのは、

    ダウンジャケットに短パン姿のようなもの。

    断熱性能を高くして隙間を塞がないのは、

    ダウンジャケットのファスナーを開けているようなもので、

    外皮と隙間どちらか一方だけではバランスが悪いといえます。

     

    UACに共通していえることは、

    窓の影響を受けるということです。

    窓面積が大きくなれば熱損失は大きくなり、

    開放性の高い引違い窓を多用すれば

    隙間面積は大きくなります。

    だからといって、窓面積を小さくし気密性の高い

    小さなすべり出し窓を多用すると、とても窮屈になります。

     

    つまり性能も大事ですが、

    どのような暮らしをしたいかを思い描いたうえで、

    バランスの良い計画をすることが大事だと考えます。

     

     

    住まいの気になることは、弊社にお気軽にご相談ください。

     

     

    積算課 松村

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年11月27日

    インフルエンザの季節

    こんにちは、工務課 上出です。

    この時期になるとインフルエンザワクチンの

    予防接種をされるかと思いますが、

    今年はワクチン不足で、

    予約してもいつできるかわからないようです。

     

     

    去年、人生で初めてインフルエンザにかかってしまい、

    今回は予防接種をしたいのですが…

    手洗いうがいはもちろん、

    バランスのとれた栄養摂取など、

    自己管理をしっかりして、

    自分で予防していきたいですね(^^)

     

    現場担当としては、

    天気に左右される時期でもあります。

    空とにらめっこする毎日ですが、

    寒さや悪天候に負けずに現場を進めていきたいです。

     

    工務課 上出

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

           ◆ 上出 の他の記事を見る

           ◆ 工務課 プロフィール

            工務課 ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を公開中!

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。