住まいづくり大好き

  • 2018年02月15日

    雪下ろし

    こんにちは、設計課柳澤です。

     

    すごい雪になりましたね。

    皆様におかれましては自宅や会社の雪かきで

    相当お疲れのことと思います(*_*)

    当社の社員も、除雪作業で現場を駆け回って、

    皆疲れ果てております。

     

    さて、車で雪道を走っていると、

    雪の重みで軒先が折れてしまった建物や

    倒壊してしまった建物などを時々目にします。

    屋根の雪下ろしを行っている場面にも遭遇します。

     

    雪国においての雪下ろしは、

    大切なお住まいを守る為にとても大事なことです。

     

    どのくらい雪が積もったら雪下ろしをするの?

    と疑問に思われた方は、

    金沢市のHPに雪下ろしの目安が書いてありましたので

    参考にしてみてください。

     

    (金沢市公式HPより)※上記画像クリックでPDFが開きます。

     

    軒の出寸法や、垂木の寸法、

    間隔、築年数にもよるみたいです。

     

    一般的に木造住宅で一番最初に雪の被害に合うのが、

    軒先部分と言われていますが、

    永森の住まいは、軒の深い建物が多いです。

    これは、夏の暑い日差しを遮りつつ、

    冬の温かい日差しを部屋の奥まで入れたり、

    雨の日も窓を開け通風させたりする為の

    先人の知恵によるものです。

    しかし、軒が深ければ深いほど、

    積雪には不利になりますよね。

     

    そのため、荷重が掛かっても大丈夫なように、

    軒先にコメ垂木という、

    通常の垂木の間にもう1本垂木をコメる仕様にしたり、

    垂木の間隔に応じてサイズを大きくしたりと、

    しっかり考えられております。

     

    ★垂木とは…屋根板を支えるため、棟から軒に渡した木

     

     

    ちょっとやそっとの雪では大丈夫ですので、

    ご安心ください。

     

    とは言え、今年は記録的豪雪。

    お客様の大切なお住まいが傷まぬよう、

    建築中の各現場の雪下ろしもさせて頂きました。

     

    ニュースを見ると、

    雪下ろし中の事故も多く報道されています。

    もし雪下ろしをする際は、

    くれぐれもお気をつけくださいませ。

     

     

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

        関連記事

           雪の中での車中サバイバル

           ながもり除雪隊

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

     

     

  • 2017年11月02日

    現場レポート -新モデル-

     

     こんにちは、設計課柳澤です(^^)

    今回は来年3OPEN予定の

    分譲モデルNeue(ノイエ)新田塚について。

     

    先月末に上棟しました。

    詳細は後日発表になりますが、

    こちらの1番の見所ポイントは2階リビング

    からの、屋上バルコニーです!!

    大工さん造作 真っ只中。

    すでに気持ちが良いです。

     

     

    特に屋上リビングに出ると、

    天気の良さも相まって気持ち良さ倍増です。

     

     

     

     

    3月の完成が待ち遠しいです。

    皆さんもお楽しみに(^^♪

     

    設計課 柳澤

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 柳澤 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年08月21日

    冒険の旅

     

    こんにちは、設計課の柳澤です。

    お盆休み、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

     

    当社は17日より営業開始。

    12日~16日までの5日間お休みを頂きました。

    私はというと、今年は特に遠出もせず、

    お墓参りに行ったり親戚・旧友と会ったり

    図書館に行ったりとのんびり過ごせました。

     

    大型の連休明けとなると、

    どうしても気分が憂鬱になったり、

    やる気が起こらなかったりしますよね。

    私も何とか気持ちよく連休明けを迎えたいと

    読んだ本が面白かったのでご紹介します。

    『人生ドラクエ化マニュアル 著:JUNZO』です。

     

     

    最近もドラゴンクエスト11が話題となりましたが、

    人生をドラクエと考えるだけで、

    自分の人生がゲーム化でき、

    よりドキドキ・ワクワクした日々を

    送れるようになる、というものです。

     

    面白かったのが、

    まず人生の目標を設定するのですが、

    それは必ず自分がドキドキ・ワクワクするもの

    でないといけないということです。

    そうすると、目標達成のために現れるあらゆる敵も、

    ドラクエで敵が出てきた時のわくわく感とともに

    倒せてしまう、というものです。

     

    ゲームでの敵はわくわくしますが、

    人生の敵は辛いと感じがちですよね。

    考え方・見方を変えて、

    人生の敵も自分の経験値を増やすものとして、

    わくわくしながら挑むようになると、

    毎日が楽しくなれそうです。

     

     

    住宅の設計はあらゆる敵が出没します。

    法律だったり、隣地の状況だったり、資金だったり…

    そんなあらゆる敵も、

    楽しみながら本気で挑み、時には仲間にして、

    レベルアップしていけたらと思います!

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 柳澤 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2017年05月26日

    木の力

    こんにちは。設計課の柳澤です。

    昨年、弁当箱を新調したにあたり、

    今年に入ってお弁当を作り始めました。

    もうかれこれ5か月になりますが、

    木の力に大変驚かされる毎日です。

     

     

    照手のBENTOさんで購入した、曲げわっぱ弁当。

    皆さん曲げわっぱ弁当をご存知ですか。

     

    杉の曲木で作られたこちらの弁当箱、

    ふたを開けると杉のとってもいい香りがします。

    これは5か月経った今も変わりません。

    また木が湿度を調整してくれるので、

    ご飯がしっとりしてとても美味しいです。

     

    初めてこの弁当箱で食べた時は、

    今までのプラスチックの弁当箱との違いに感激しました。

    プラスチック弁当時代は、会社の電子レンジでチンして

    食べていたこともありましたが、

    この弁当箱ではご飯がヒヤッとしないので、

    その必要も無くなりました(^^)

     

    最近に至っては、冷蔵庫で冷えたご飯を試しに

    そのまま入れてみましたが、

    これもまたお昼にはしっとり

    美味しいご飯に変わっていました!

    さすがに,ぱさぱさのご飯だろうと思っていたので、

    木の力恐るべしです…

     

    私が使用している曲げわっぱ弁当は、

    価格は5000円くらいで、普通の弁当箱よりお高いです。

    また、手洗いしてしっかり乾燥させないといけません。

    (もちろん食洗機は×。

    水のみで洗うのがBESTみたいですが、

    洗剤でごしごし洗ってます(^^;))

     

     

    案外大丈夫ですが、

    汁気の多い物を入れるのには少し抵抗があります。

    また、ケチャップや油のシミが残ったりします。

    しかしこれがまたいい味を出して、

    徐々に色合いも良くなってきています。

    少し不便もありますが、

    不思議と使っていくうちに愛着も湧きます。

    その証拠に、弁当作りが未だに続いています!笑

     

     

    ちょっとくらい手間がかかっても、

    愛着があるものを使えて、

    毎日美味しいお弁当が食べられる。

    それに勝るものはありません。

     

    これってなんだか住まい造りに似ているな、

    と感じる今日この頃です。

     

    木を愛する会社にいますが、

    改めて木の力を知ることが出来ました。

    皆さんも是非、曲げわっぱ弁当

    使ってみてはいかがでしょうか。

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 柳澤 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2017年02月17日

    屋久杉

    こんにちは。設計課の柳澤です。

    先日、鹿児島・屋久島へ社員旅行に行ってきました。

     

    今回は行き先が屋久島ということもあり、

    例年より自然に親しむ旅でした。

     

    屋久島というとやはり屋久杉、

    その中でも縄文杉が有名ですよね。

    一般的には長くて樹齢500年の杉ですが、

    屋久杉は1000年を超えるものをいいます。

    現在みられる屋久杉は凸凹が激しく、

    利用しにくい為に切り落とされずに残ったものだそうです。

    きれいな杉は早くに人間の手により伐採され、

    異形の杉が今も残っている・・・。

    何か考えさせられるものがあります。

     

    縄文杉は推定樹齢20007200(諸説あるようです)で、

    日本の杉のなかで最も太い杉の木だそうです。

    見るためには往復10時間の本格的な登山が必要ということで、

    今回は車道沿いにあり、登山せずに気軽に訪れる事ができる、

    紀元杉を見てきました。

    推定樹齢3000年、こちらも圧巻でした。

     

      

    普段から住宅の構造材や造作材で、

    杉には慣れ親しんでいる私たちですが、

    また新たな杉の魅力を感じました。

      

    自然に触れ合い、社員たちとも交流でき、

    とてもリフレッシュ出来た旅だったと思います。

    たまにはこういう息抜きも必要ですよね。

      

    次は是非、本格的なトレッキングを経て、

    縄文杉の神秘を感じに訪れたいと思います。

     

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

                ◆ 柳澤 の他の記事を見る

                ◆ 建築デザイナー プロフィール

                ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。