住まいづくり大好き

  • 2017年10月27日

    カブトムシ

    こんにちは、設計課 田中です(^^)

    今年の夏にお客様から

    カブトムシのオスとメスを1匹ずついただきました。

     

    子供達は大喜びで、

    夏休み中毎日エサをあげたり観察したり…

     

    秋になりオスが死に、

    しばらくしてメスも死んでしまいました。

    カブトムシの一生は短いな〜と思いながら

    しばらく虫カゴをそのままにしていました。

     

     

     

    ある日、何気に覗きこむと、

    幼虫がいるではありませんか!

    新聞紙を広げ、カゴをひっくり返してみて

    ビックリ!26匹も!!

    虫嫌いの嫁はドン引き、

    子供達はまたもや大喜びでした。

    2匹の成虫には十分な虫カゴでしたが、

    さすがに26匹の幼虫には小さすぎるので、

    ホームセンターで大きな虫カゴと

    新しい土を購入し入れ替えました。

     

    お世話に関しては、土が乾燥しないように

    霧吹きで湿らすだけで、得に難しくありませんが、

    なんだか愛着が出てきたのか、

    帰宅すると虫カゴに向かって

    「ただいま」と言ってしまい、

    嫁からは、家族に相手にされないお父さんみたいと

    言われています(*_*)

     

    春にサナギになって、夏に成虫になります。

    よろしければお譲りします。

    どなたかもらっていただけませんか??

     

    設計課  田中

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 田中 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

    ★SNSにて最新情報を更新中!

      

  • 2017年08月03日

    夏の風物詩

    やっと福井も梅雨が明けましたね。

    昨年よりも14日間、遅かったとか…

     

     

    2年ほど前、研修旅行先の姫路で出会った明珍風鈴。

    もともと甲冑職人だった人たちが、

    時が経つにつれて甲冑の需要が減少したため、

    次第に火箸を作るように。

    しかし、いろりの減少と共にまた需要がなくなり、

    火箸作りの技を生かした風鈴を作るようになったそうです。

    ガラスの音とは違い、鉄が奏でる音は

    耳から「涼」と「癒し」を与えてくれます。

     

    風が心地よい日は、

    クーラーを付けずに、大きな窓を開けて、

    風と心地よい明珍風鈴の音色を楽しんでいます。

     

    それが我が家の風物詩になっています。

     

    設計課 田中

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 田中 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2017年05月19日

    「神ってる。」

    田中は30年来の大の広島ファン。

    昨年25年ぶりの優勝は

    本当に感動しました!

    最近ファンも増えてきましたね。

    今まで見向きもしなかった

    うちの家族もご覧の通り

     

     

    毎晩家族でテレビ観戦し盛り上がっています。

    今年の家族旅行は

    念願のマツダスタジアム!

    ソフトボールをしている小学生の娘も

    すごく楽しみにしています。

    田中もスタジアム観戦は

    小学生以来。

    もちろん私もユニフォーム着用で。

     

     

    最近の田中のプレゼンは

    神がかっていると言われることも^^;

    広島カープ同様、

    "神ってる"田中に

    今後もご期待ください!

     

    設計課 田中

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆ 田中 の他の記事を見る

         ◆ 建築デザイナー プロフィール

         ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2017年01月27日

    冬景色

    まとまった雪が降らないまま年が明け、

    今年に入り『今年最大の寒波が…』と言うわりに

    福井市内ではそれほどでもありませんでしたね。

    通勤や雪かきの事を考えるとうれしい限りでしたが、

    雪あそびを楽しみにしている子供達はちょっと淋しそうでした。

     

    新居で迎える2度目の冬。

    今年は積雪が少ない事もあり、

    晴れた日は窓から射し込む日光でストーブ要らずの暖かさ。

    雪が降る寒い日は薪ストーブで家中暖かい。

    部屋から眺める庭もようやく冬景色に。

     

     

     

    やっと冬っぽくなってきたなと思っていたら、

    流行りにのって長男がインフルエンザに…

    福井でも先日インフルエンザ警報が出ましたね。

    まだまだ寒い日が続きますが、皆さまもお気をつけください。

     

    設計課 田中

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

          ◆ 田中 の他の記事を見る

          ◆ 建築デザイナー プロフィール

          ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年08月11日

    手紙

    アイ設計の田中です。

     

    暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?

    田中はというと7月いっぱいは超忙しく、

    それを乗り越え8月入ったとたんに

    お盆気分でフワフワしているところです。

     

    さて、先日の81日に福井工業大学で、

    「インフィルデザイナーの時代」という題名で

    住宅設計の講演をしてきました。

    将来建築士を目指す志の高い生徒さんばかりで、

    希望に満ちたキラキラとした眼差でした。

     

    田中は普段のお客様との打ち合わせでも緊張するのですが、

    今回は緊張どころではなく、思い返しても何を話したのか覚えていない

    記憶喪失状態です。(隣は助手の殿森君です)

     

     

    1時間いただいていたのですが、

    全員参加型の演習課題をやってもらいました。

    何点かの画像をみて何を連想するかという課題です。

     

    設計の実務においても、最近お客様から

    雑誌の切り抜きや画像を見せていただくことが多く、

    潜在的な好みを知り、より理想に忠実な提案をするように

    心がけています。

    今回はその疑似体験ですね。

     

    最初は個人個人に考えてもらいました。(みんな真剣です)

     

     

    次にチームに分かれグループで考えてもらいました。 
     

     

     

    田中もかつては皆と同じ建築を専攻していました。

    でもそれほど熱心では無く、なんとなく

    学校に通っていただけの生徒だったと思います。

     

    ある日、ある非常勤講師の先生からの

    テストの返却に手紙がついていました。

    「君には才能があるからこの道で頑張れ」

    今の自分があるのはこの手紙のおかげだと思います。

     

    この道を信じて良かったです 先生。

     

    あの日の田中のように心に響いてくれた生徒さんがいたら幸せです。

     

     

    「皆には才能があるからこの道で頑張れ」

     

    設計課 田中

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。