住まいづくり大好き

  • 2017年02月17日

    屋久杉

    こんにちは。設計課の柳澤です。

    先日、鹿児島・屋久島へ社員旅行に行ってきました。

     

    今回は行き先が屋久島ということもあり、

    例年より自然に親しむ旅でした。

     

    屋久島というとやはり屋久杉、

    その中でも縄文杉が有名ですよね。

    一般的には長くて樹齢500年の杉ですが、

    屋久杉は1000年を超えるものをいいます。

    現在みられる屋久杉は凸凹が激しく、

    利用しにくい為に切り落とされずに残ったものだそうです。

    きれいな杉は早くに人間の手により伐採され、

    異形の杉が今も残っている・・・。

    何か考えさせられるものがあります。

     

    縄文杉は推定樹齢20007200(諸説あるようです)で、

    日本の杉のなかで最も太い杉の木だそうです。

    見るためには往復10時間の本格的な登山が必要ということで、

    今回は車道沿いにあり、登山せずに気軽に訪れる事ができる、

    紀元杉を見てきました。

    推定樹齢3000年、こちらも圧巻でした。

     

      

    普段から住宅の構造材や造作材で、

    杉には慣れ親しんでいる私たちですが、

    また新たな杉の魅力を感じました。

      

    自然に触れ合い、社員たちとも交流でき、

    とてもリフレッシュ出来た旅だったと思います。

    たまにはこういう息抜きも必要ですよね。

      

    次は是非、本格的なトレッキングを経て、

    縄文杉の神秘を感じに訪れたいと思います。

     

     

    設計課 柳澤

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

                ◆ 柳澤 の他の記事を見る

                ◆ 建築デザイナー プロフィール

                ◆ 建築デザイナー ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。