住まいづくり大好き

  • 2016年07月09日

    変化に目を向ける

     

    こんにちは、設計課の堀内です。

     

    最近、長年愛用していた設計の作図作業に使うソフトを

    新しいソフトに変えました。

    感覚的に便利な部分もあれば、

    以前のソフトのほうが使いやすい部分もあり、

    苦悩の日々が続いております…

    スキルアップのために研修にも参加しました!

    感覚的に活用できるようになるまでには

    まだまだ時間がかかりそうです。

     

     

     

    設計での発想・思考は、

    日常的なことから影響を受けることも多くあり、

    特に、身の回りの生活スタイルの中で

    良いものを改めて感じること、知ることも必要だと感じます。

     

     

    例えば懐石料理で、酒を楽しむために出される

    肴のことを八寸といいます。

    これには季節の特色が出ており、

    目を楽しませる色合いが濃く表されたうえに、

    食材のバランスも考えられてつくられています。

     

    設計の提案もそれぞれの住まいによって色があり、

    食材が素材、盛り付けが設計、

    職人が献立をトータルに考えることが

    設計士のデザインの要素と合わさるなと…。

    身近なところに自分の仕事と近いものがあると想う今日この頃です。

     

     

     

    設計課 堀内泰伸

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。