住まいづくり大好き

  • 2011年12月12日

    照明 -設計-

    こんにちは。

    設計課の柳澤です。

     

    近頃とても寒くなり、本格的な冬到来という感じですね。     

    南四ツ居展示場でも、薪ストーブの季節になりました。

    薪ストーブの火は、心も体も温まります。

     

     

     

    さて、先日照明のセミナーに参加してきました。

    大光電機の高木英敏さんを講師として、2時間程のセミナーでしたが、

    大変勉強になりました。

     

     

    照明というと、住宅において重要なもののひとつですよね。

    どの照明にするかで、過ごしやすい空間になったり演出的な空間になったり。

    その分考えるのはとても難しいです。

     

    照明の打合せは、上棟前から行います。

    まず照明やスイッチ、コンセント、エアコンなどの位置を決めていきます。

    そのお家で、住まわれた方がどこに集い、どう行動するかを考えて、

    お客様と一緒に考えていきます。

     

    この時、セミナーの講師も話していましたが、照明が余計なもの

    (エアコンやキッチンのフード)まで照らすことがないか、

    天井面が美しくなっているか、注意が必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                -北四ツ居展示場-

     

    上棟が終わると、今度は照明器具を決めていきます。

    どんな形の器具にするか、白熱電球や蛍光灯、LEDのどれにするか、また悩みますね。

    ちょっと前までは蛍光灯が主流でしたが、最近はLEDを取り入れることも増えてきました。

     

    LEDは寿命が長く(40000時間といわれています)、電気代も少なく、

    また虫も寄ってきにくいというメリットがありますが、

    明るさ感が蛍光灯とは違い、陰影がくっきりはっきり出ます。

    その反面、蛍光灯や白熱電球はほんのり温かみのある光を出します。

     

    照明の長所と短所をしっかり把握した上で、適材適所で使っていきたいですね。

     

    先日オープンした北四ツ居展示場は、LED照明が数多く使用されています。

    お越しの際は是非、明るさ・光の違いを体感してみて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

         -北四ツ居展示場-

     

    設計 柳澤 有紀

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。