住まいづくり大好き

  • 2017年09月29日

    FUKUI CRAFT TOURIZM ver.1@河和田

    こんにちは!設計課 竹内です

     

    福井の面白いところを発掘しよう!

    と、休日に友人を誘ってドライブに出かけるのが、

    ここ最近のマイブームになっています。

     

    今回は鯖江市河田地区の越前漆器の

    「漆林堂」というお店に行ってきました。

     

    越前漆器と聞いて、渋いな…

    と思われる方もいると思いますが、

    このお店は全くそんな感じはなく、

    おしゃれな器のセレクトショップのような雰囲気。

     

     

    器も漆器のイメージと違って、

    写真のようにカラフルなものから、

    柄が現代で見るとかえって新鮮だなと思うものもありました。

     

    店員さんによると

    最近の河和田地区にはこういった

    お店が増えてきているらしく、

    若い職人さんが全国から移住してきているらしいのです。

    そこにデザイナーさんや事業者さんたちが協力して、

    伝統工業を生かした商品作りを行っていると聞きました。

     

    世の中には似たような商品が

    たくさん溢れかえっていますが、

    この品物は、ココでしか手に入らないし、

    凛とした独特なデザインが何よりカッコよかったのです。

     

    「伝統」と聞くと堅苦しく、

    和風の格式高い住宅をイメージしやすいですが、

    伝統的な住宅の良さは格式ばったものではなく、

    環境的な面でもよりパッシブという良さがあったり、

    むしろ時代を超越した考え方だと思います。

    以前のやり方の焼き増しでは

    私たち若い世代には馴染みにくいので、

    「漆林堂」のように

    現代のライフスタイルにあった形で、

    先人の知恵を生かした建築のかたちが必要ですし、

    あくまで今の視点で見ても、

    カッコイイ、カワイイなどと感じられるデザインが必要だと

    日々感じています。

     

    これからも機会があれば、「カッコイイもの」

    を探して週末にドライブしてみたいと思います。

    (今回の旅をクラフトツーリズムver.1とし、

    今後シリーズ化していきます!)   

    皆様をお気に入りのお店や場所があればぜひ教えてください!

     

         

     

    最後にお昼に食べた、蕎麦屋さんの写真を載せておきます。

    鯖江メガネミュージアム近くの日本酒と蕎麦と

    てんぷらが美味しいお店「亀蔵」です。

    かき揚げが美味しかったのでオススメです。

    お近くの方は是非!

     

    設計課 竹内

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

     ★SNSにて最新情報を更新中!

     

  • 2017年06月30日

    カメラ

    こんにちは!

     

    福井も本格的に梅雨入りをしてしまい

    蒸し暑い天気が続いています。

    皆様体調など崩していないでしょうか。

     

    さて、今回私のささやかな趣味である

    写真(カメラ)の紹介をしたいと思います。

    最近ではスマートフォンの普及の為か、

    カメラを持ち歩く人が減っているかもしれません。

    またデジタルカメラで撮って、

    SNSにアップして皆と共有して…

    という楽しみ方をされてる人も多いかもしれません。

    また、巷では高校生の間で「写るんです」が

    流行っていると聞きます。

     

    私が使っているカメラは父に譲り受けた物もので、

    父が僕と同じ年の頃、大枚はたいて買ったものです。

    お金や手間はかかりますが、一枚の価値や驚きは格別です。

     

    友人と旅行に行った際の写真

     

     

     

     

    つい最近まで現像するのを忘れていたものを

    店に出してみたのですが、

    自分自身何を撮ったのか忘れていたので

    プチタイムカプセル体験でした。

    現像してみないとわからないところも

    フィルムのいいところです。

     

    世代を超えて受け継がれた大切なカメラ。

    住まいに関しても言えることですが、

    永く愛着を持って使えるというのは

    とても大切なことですね。

     

    このカメラも、次世代へと

    どんどん受け継いでいけたらいいなと思います。

     

     

    設計課 竹内

     

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

     

  • 2017年04月01日

    充実した休日

     

    こんにちは!

    設計課の竹内です。

     

    段々と暖かくなってきて、すっかり春ですね。

    福井は冬が寒くて、雪が多いので

    出かけるのが億劫になりがちですが、

    その期間がある分、春になり暖かくなると

    一層出かけるのがうれしくなります。

     

    先日、買い物をする為に金沢に行ってきました。

     

     

    目的はスーツを新調すること。

     

    ほとんどリクルートスーツの様なものしか持っていないので、

    今月から二年目になるこの時期に新調したかったのでした。

     

    スーツの柄・色合いで迷っているとき

    「どれがベストかわからない」と呟くと、

     

    店員さんが

    「スーツにベストはありません」

    10人に4人がいいという事があれば、

    6人がいいという事もあるでしょう…」

    と言われ、さらに迷ってしまいしました。

    客観的にベストな選択など無いと言いたかったのでしょう。

     

    何となく家づくりにおいてもいえるなあと思います。

    お客様の分だけ、住まいのカタチはたくさんあるでしょうし、

    一組のお客様においても、

    満足できる住まいのカタチは一つではないと思います。

     

    だけど、

    「このスーツは○○なのが特徴で、

    お客様の場合、○○なのでよりお似合いです」

    という意見が聞きたかったなと思ってしまいました。

    より自分の好みや似合う似合わないかを知りたいなと。

     

    無事目的を達成したのち、

    せっかく金沢に来たので、お気に入りの店を回り、

    金沢21世紀美術館で過ごしました。

     

     

     

     

    この建物のガラスや床、白い壁天井は無機質なのに、

    なぜ気持ちいのでしょうか。

    なぜいいのか正確に言葉にできないのですが、

    お気に入りの場所です。

     

     

     

    さらに街を歩いていると、

     

     

    こんなに古いけどモダンな窓の蔵や、

     

     

     

     

    リノベーションをした可愛らしい建物が突然あらわれたり。

     

    今月から二年目になり、新人とは呼ばれなくなりますが、

    仕事だけでなく、休みの日の過ごし方や普段の生活も充実させ、

    豊かな感性を持った設計士になりたいなと思った休日でした。

     

    設計課  竹内

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年12月17日

    設計セミナーに参加してきました!

    こんにちは!設計課の竹内です。

    今回は、1116日に参加させて頂いた、

    設計セミナーについて書こうと思います。

    講師は川口通正(みちまさ)先生。

     

    9月からおよそ2カ月に1回のペースで

    開催されるのですが、今回は2回目の開催。

    1回目は今まで先生が手掛けられた作品の紹介を通して、

    先生の住宅設計に対する考え方に触れることが出来ました。

     

    2回目の今回は、実際の住宅にお邪魔させてもらい、

    図面を見ながら、住宅の全体と詳細部分を学ぶという内容です。

    一般の建物と違い、個人の住宅は滅多に見ることができない為、

    なかなか貴重な機会です。

     

    下の写真は最初に見学させて頂いた「S’Nagayamon」という住宅のもの。

     

     

    写真の真ん中にある窓は、固定された窓のように見えますが、

    実際には木製の窓サッシが外壁や柱の裏に隠れていて、

    引き戸になっています。

    しかしサッシが無いと、手をかけて窓を開ける事ができません。

    近づいてみると、

     

     

    実際には、とてもシンプルな金具の引き手が目立たないように、

    そっと埋め込まれていました!

    その時感じたのは、あまり目立たない細かい部分、

    地道な工夫の積み重ねによって、

    室内の空間全体の心地よさに繋がっているという事。

      

    詳しい図面を見せて頂いたのですが、

    内部の納まりが実際どのようになっているのか、

    理解できず、日ごろの勉強不足を痛感しました。

     

    僕たちの普段の設計業務の中では、

    なかなかここまでの詳細な図面を書くことは難しいですが、

    ここぞ、というこだわりの部分には、

    目立たない工夫を忍ばせていければと思います!

     

    設計課 竹内

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年08月04日

    はじめまして!-設計課-

     

     

      

    こんにちは!

    今月より入社し、設計課に所属しております

    竹内 一貴(たけうち かずき)と申します。

    緊張とワクワクの中で、

    毎日新鮮な気持ちで働かせて頂いております。

     

    永森建設の魅力は、福井に根ざし、美しい住まいと

    それをつくる人たちの魅力にあると感じております。

     

    まだ入社間もなく、分からない事や至らない点が多いですが、

    一日一日出来ることを増やしていき、

    永森の設計者として最初の一歩を踏みだせるよう、

    精一杯取り組んでまいります。

    どうぞよろしくお願いいたします!

     

     

    設計課 竹内

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。