住まいづくり大好き

12月   
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • 2016年12月26日

    大阪研修

    こんにちは、設計課の殿森浩己です。

    今年最後のブログを担当することになり、悩みに悩みました。

    そんなわけで今回は121920日と2日かけて

    大阪へ研修に行っていたことについて書きたいと思います。

    研修内容としては、

    床材を取り扱っている朝日ウッドテックさんの工場の視察や

    床材ができる生産過程の見学など、

    普段決して見ることが出来ない商品内部の部分を見に行ってきました。

     

     

    一日目は忠岡町にある朝日ウッドテックさんの

    生産本部にお邪魔しました。

    写真撮影はNGであったため、

    残念ながら写真をお見せすることは出来ません。

    ここは私の体験談でお許しください。笑

    まず工場内の社員さんの多さにびっくりしました。

    案内をして頂いた方からお聞きしたところ、

    木材は一本毎に違った色や形をしており、

    機械での作業だけになってしまうと、

    判別できない部分が出てきてしまうとのこと。

    人の目で見てチェックすることが重要な為、

    作業をする人数が多くなってしまうのだと話されていました。

     

     

    二日目は大阪市内にあるショールーム見学をさせて頂きました。

    こちらでは商品として展示された床材を

    お客様の目線に立って体感しました。

     

     

     

     

    大阪ショールームでは実際の床を貼った空間を体感できるので、

    サンプルだけではわかりにくい空間のイメージが簡単に出来ました。

    空間のイメージがつきにくい方や

    実際に木の気持ちよさを体感したい方はぜひ

    ショールームに行ってみてはいかがでしょうか?

    絶対に皆さん満足して頂けると思いますし、

    きっと楽しい!!と思われると思います。

    実際僕自身がそうでした。笑

     

     

     

    今回の大阪研修では普段見ることができない商品過程を見ることができ、

    新人の自分にはまたとない機会となりました!

    今後は今回体験したことをお客様に自信を持って

    お伝えしていきたいと思います!

     

    では最後になりますが、

    今回ご案内して頂いた朝日ウッドテックの佐藤さんとともに

    お別れしたいと思います!

    皆様お体には気を付けて良いお年をお迎えください!それでは!

     

     

    設計課 殿森

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 殿森 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年12月20日

    知ること

    こんにちは!営業課の川猿です!

    12月に入って寒さも増す一方ですが、

    みなさんいかがお過ごしでしょうか??

    私は仕事が終わって家に帰ると、

    毛布にくるまってミノムシのような生活を送っています。

    さて、余談はさておき…

     

    私ごとですが、最近休日に外に出かけることが多くなってきました。

    自分は基本的にインドア派だったんですけどね(^_^;)

    しかも、大学四年間は県外にいたので、

    あまり福井で遊ぶ機会がありませんでした。

    今、成人して、車に乗っていろんな所をめぐっているのですが、

    その度に、こんなところがあったんやー!とか、

    ここの景色がきれい!とかいろんな発見があって

    新鮮な気持ちで福井探索をしています。

    福井で家づくりをするものとしては、

    福井の良さ、その地域の良さを

    改めて知るいい経験になっている気がします!

    (あと、道を覚えている最中でもあります…)

    まだまだ行けていない場所もあるので、

    どんどんお出かけしたいところですね!

     

     

    (坂井市三国町のおいしいジェラート屋さんです)

     

     

    もちろん福井の良さもそうなのですが、

    実は家づくりで重要なポイントとして

    「敷地の状況、周辺の状況」というのがあります。

    これらをしっかり把握しているかどうかで、

    家づくりも大きく変わっていくのです。

     

    たとえば、窓の位置を例であげてみると…

    隣家との目線の配慮だとか、風通し・採光の計画も、

    周辺の状況や地域の特性を把握していないと、

    お隣の窓と同じ所に窓が付いていた!なんてこともあるみたいです…

    そうならないためにも、しっかりと自分の目で現地の状況を確認、

    調査を行うことが大事なのです。

     

    かく言う私も、最近敷地の調査をさせてもらう機会が増えてきました。

    調査の中でその敷地のいい所、

    気をつけないといけない所などが見えてくるのですが、

    私だけの目線だけでなく、各専門家(設計・工務)の

    目線から見えることもあるみたいですね。

    それぞれ専門家の目線から、調査して気がついたことを踏まえて

    家づくりに取り組んでいくわけなのです!

    もちろん、調査の中で分かったことはお客様にお伝えし、

    内容を共有しながら、一緒に家づくりを進めていきます!

     

     

     

    最後になりますが、どんどん寒くなっていきますので、

    みなさんお体に気をつけて良い年末をお過ごしください!

    では今回は、この辺で…

     

    営業課 川猿

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

          ◆ 川猿 の他の記事を見る

          ◆ 営業スタッフ プロフィール

          ◆ 営業課 ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年12月19日

    【第9回】北郷小学校環境教育プログラム

    こんにちは、企画課の清水です。

    今回は、第9回北郷小学校環境教育プログラム

    「ぼくまちプロジェクト」の様子をお伝えします。

     

    12/15、半年間続いてきた授業もついにラストを迎えました!

    最後の授業、前半は今まで学んできたことの振り返りをし、

    一人ひとり、考えた住まいの発表をしてもらいました( ^^)

    みんな、発表がとっても上手!

    それぞれの伝えたいことがきちんと伝わってきました。

     

    後半はいよいよ賞の発表です…

    今回、特別審査員として

    アイ設計事務所の竹内が特別審査員として参加してくれました。

    当日は来ることができなかったため、

    ビデオメッセージを残してもらいました。

     

     

     

    今回決めたのは、

    ・個人部門 最優秀賞 1

    ・まちなみ部門 最優秀賞 1チーム

    ・審査員特別賞 1

    3種類です。

     

    審査員特別賞は、実は予定していなかったのですが、

    どうしても賞を贈りたい素晴らしいものだったため、特別に設けました。

     

    名前を出すことはできませんが、それぞれ賞を発表…!

    賞状を授与しました。

     

     

     

    そして、個人賞とまちなみ賞には私たちからプレゼントが。

    個人賞の子には、なんと模型をプレゼント!

    まちなみ賞の子たちには、竹内が描いたまちなみの絵をプレゼント!

     

     

     

    喜んでもらえたようで、私たちも嬉しかったです。

     

    そして、なんと授業の終わりにはこんなプレゼントをいただきました。

     

     

    全員の集合写真と、子どもたちからのメッセージです。

    みんなとってもいい笑顔。

    思わずうるっときてしまいました(:_;)

     

    6月から半年間授業をさせていただきましたが、

    長かったようであっという間な時間でした。

    みんな熱心に授業に取り組んでくれて、

    一生懸命さが伝わってきました。

    私たち新入社員にとっても初めての試み。

    最初はうまくできるか不安もありましたが、

    子どもたちの一生懸命さのおかげもあり、

    私たち自身も成長できたように思います。

     

    昨年から始まったこのプロジェクト。

    来年、再来年と続けていけたらいいなと思っています。

    そのときは、またブログにて報告させていただきますね(*^_^*)

     

    企画課 清水

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

         ◆第1    ◆第2

         ◆第3    ◆第4

         ◆第56   ◆第7

         ◆第8

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年12月17日

    設計セミナーに参加してきました!

    こんにちは!設計課の竹内です。

    今回は、1116日に参加させて頂いた、

    設計セミナーについて書こうと思います。

    講師は川口通正(みちまさ)先生。

     

    9月からおよそ2カ月に1回のペースで

    開催されるのですが、今回は2回目の開催。

    1回目は今まで先生が手掛けられた作品の紹介を通して、

    先生の住宅設計に対する考え方に触れることが出来ました。

     

    2回目の今回は、実際の住宅にお邪魔させてもらい、

    図面を見ながら、住宅の全体と詳細部分を学ぶという内容です。

    一般の建物と違い、個人の住宅は滅多に見ることができない為、

    なかなか貴重な機会です。

     

    下の写真は最初に見学させて頂いた「S’Nagayamon」という住宅のもの。

     

     

    写真の真ん中にある窓は、固定された窓のように見えますが、

    実際には木製の窓サッシが外壁や柱の裏に隠れていて、

    引き戸になっています。

    しかしサッシが無いと、手をかけて窓を開ける事ができません。

    近づいてみると、

     

     

    実際には、とてもシンプルな金具の引き手が目立たないように、

    そっと埋め込まれていました!

    その時感じたのは、あまり目立たない細かい部分、

    地道な工夫の積み重ねによって、

    室内の空間全体の心地よさに繋がっているという事。

      

    詳しい図面を見せて頂いたのですが、

    内部の納まりが実際どのようになっているのか、

    理解できず、日ごろの勉強不足を痛感しました。

     

    僕たちの普段の設計業務の中では、

    なかなかここまでの詳細な図面を書くことは難しいですが、

    ここぞ、というこだわりの部分には、

    目立たない工夫を忍ばせていければと思います!

     

    設計課 竹内

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 竹内 の他の記事を見る

            ◆ コーディネーター プロフィール

            ◆ コーディネーター ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

  • 2016年12月12日

    木箱だより ②

    こんばんは

    営業課の大嶋です。

     

    日々寒さがまして来ていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    今週末には雪もちらつくかもしれませんね。

     

    雪が降る前に、自宅の庭にチューリップの球根を植えました。

     

     

     

    アパートの時は、部屋の中で観葉植物を育てる事しかできなかったのですが、

    やっぱり庭があると楽しみは増えますね。

     

    先日、

    住宅を計画中のお客様が、ながもり木箱の住み心地を知りたいとの事なので、

    自宅を案内させていただきました。

     

    お客様が気にされていたのが、

    ながもり木箱は狭くないか?

    ながもり木箱は暖かいのか?

     

    その二つがかなり気になっているご様子でした。

     

    私の家は32坪です。

    今のところ狭いと感じたことはないです。

    LDKも20帖あるので、広々としています。

    先日、妻がママ友を呼んでホームパーティーをしていました。

    私も年始に、昔の陸上部仲間とその家族をよんで、

    大人と子供を合わせて21人でパーティーをしようと計画中です。

     

     

     

    暖かさですが、

    気密性が良く、断熱もしっかりしているので

    「あったかいんだからぁ~”(∩^▽^∩)」

    かなり古く感じますが、去年の流行語です…

     

    先日ご案内させて頂いたお客様には、体感をして頂き、満足していただけました。

     

    ただ、広さも、暖かさも個人差がございますので、

    一度体感していただくのが一番だと思います。

     

    「百聞は一見に如かず、百見は一体感に如かず」です。

    私の家は、時間が合えばご案内できますし、

    新春に、春江スマイルパークにてながもり木箱の暖かさの体験会を行います。

    日程に関しては、後日HPに上げますので、お待ちください。

     

    住宅は一生に一度の高い買い物です。

    ですが、全国アンケートによると3人に1人が失敗をしているそうです。

    後で失敗した!!

    と、ならないように、

    体感していただいたり、失敗しないための注意点もお伝えできればと思います。

     

    明日も建前で、朝早いので、本日はここで失礼させていただきます。

       

    営業課 大嶋将寛

     

     

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

            ◆ 大嶋 の他の記事を見る

            ◆ 営業スタッフ プロフィール

            ◆ 営業課 ブログ

    ■■□―――――――――――――――――――□■■

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。