住まいづくり大好き

10月   
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • 2015年10月29日

    模型作り!

    こんにちは、藤井です。

     

     

    先日、お客様のお家の模型作りをしました!

    といってもほとんど完成しており、

    間仕切り壁を入れただけなんですけどね!

    大学卒業以来の模型作製だったので、

    カッターの刃はさびちゃってました...

     

      

     

    カッターの刃を新品にして、作業開始!

    ちなみに模型作成に使用するカッターの刃の角度は30°で一般的なカッターより鋭利になっています。

    しかも、こまめに刃を折るため、1回の模型作成で大量の刃を使うのです!

     

     

     

    上が30°の刃の鋭利なカッターです

     

     

      

     

    久々の模型作成は楽しかったです。

     

     

     

     

     

     

     でん!

     

     

     

      

     

     

    2階が外せて、1階が覗き込めます!

     

     

     

    模型は何のために作るかと言いますと、

    空間をイメージしやすいようにするために作成します。

    図面だけでお話していても、イメージできない!

    そんなときに役立つのが模型です。

    窓の位置だったり、光の入り方だったり、イメージしやすくなります。

    お客様も喜んでくださったと聞き、少しでもお客様の役に立てて喜んでもらえたのでとても嬉しかったです。

     

     

      

    入社して早6ヶ月が過ぎました。

    少しずつ打合せに参加させていただけるようになりましたが、まだまだ勉強が足りません。

    もっと先輩方からいいものも悪いものも盗んで、

    早くお客様のお手伝いが出来るようにがんばりたいです!

      

    以上藤井でした!

     

     

     

    設計課 藤井

     

  • 2015年10月26日

    重大発表?

    こんばんは

    営業課の大嶋です。

     

    いきなりですが・・・

     

    実は・・・

     

    先月・・・

     

    土地を購入いたしました。

     

    そして・・・

     

    今週は・・・

     

    建物の契約をします。

     

    なんで、今?と、思われる方もいらっしゃると思います。

     

    消費税も再来年4月に上がるから、まだまだ大丈夫と思われている方が多いと思います。

    実は、消費税の駆け込み時には、土地の需要が高くなり、土地そのものの金額が高くなったり、急いで土地を決めないといけないので、土地選びは、ある程度我慢しないといけなくなってくる事があります。

     

    なので、駆け込む前にいい土地を見つけ契約いたしました。

     

    大嶋家は、来年息子が小学校にあがります。

    生活環境をなるべく変えたくないと思っていました。

    現在、住んでいるところから、目と鼻の先にエーシンが土地分譲をすると聞いていたので、即決でした。

     

    このブログを読まれている方で、今後、住宅を計画されている方もいらっしゃると思います。じゃあ、いつ土地を買うのがいいのかって考えてみたことありますか。

    世間的な建て時もありますが、自分自身の建て時もあります。人それぞれ建て時は異なります。

    皆様それぞれに不安や悩み、問題をお持ちで内容もさまざまです。

    例えば、土地の出ない地域でずっと探されている方もいらっしゃいます。

    問題点を解消しなければ前に進むことはできませんよね。

    そんな時は、まず、住まいづくりの良きパートナーを選んでアドバイスしてもらうことが大切だと思っております。

    時間は待ってくれませんし、貴重なものです。一度、建て時を逃すと次はいつになることやら・・・

     

    11月の21日からの3連休に見聞会を行います。不安や悩みのある方は一度来てみませんか。

    活路が開けるかもしれませんよ。

     

     

     

    あっ、建物に関してはちょっと新しいことに挑戦してみようと思っています。

    間取りに関しては妻に任せています。楽しく楽な住まいになる予定です。

    詳細は、またブログで報告していきます。

     

    営業課  大嶋

  • 2015年10月25日

    杜の手しごと市を開催致しました!

    10月24日の土曜日、第6回杜の手しごと市を開催致しました!

    
    

    今回は17店舗もの作り手さんが大集合!!

    どのブースも大好評で、とても賑やかで楽しい時間になりました♪

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    杜の手しごと市にお越しいただきました皆様、

    ご参加いただきました出店者の皆様ありがとうございました^ ^

    (たくさんあるのですが、一部をご紹介させていただきます。)

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    ★手作り洋服&雑貨(SUTEきちさん)

    
    
    
    
    
    

    ★雑貨&アクセサリー作り(Thanks a lot さん)

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    ★金箔はり体験&お香などの雑貨(本田仏閣堂さん)

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    ★ネイルアート&リース作り (アンジュ・エールさん)

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    ★布小物&山野草など(和布楽さん)

    
    
    
    

    毎月恒例の杜の手しごと市ですが、

    来月は11月28日(土)、29日(日)の2日間の開催となります。

    土曜日には行けない!と諦めていた方もぜひこの機会にお越し下さいませ!

    皆様のご来場お待ちしております^ ^♪




    企画課  林

  • 2015年10月23日

    杜の手しごと市を開催致します!

    こんにちは!企画課の林です。

    先日、経済新聞で杜の手しごと市のことが取り上げられていました。

    少しずつこのイベントが地域の方に認知されてきたみたいで嬉しいですね^ ^

    
    

    
    
    
    
    
    

    いよいよ明日、第6回杜の手しごと市を開催致します!

    今回もたくさんの作り手さんが集まっております。

    いつものように皆様に楽しんでいただけるように盛り上げていきたいと思いますのでご家族やお友だちと一緒にぜひお越し下さいませ!!

    
    
    
    
    
    
    
    

    「杜の手しごと市って何?」とお思いの方は、

    ぜひこちらをクリックしてみて下さい。

    今まで開催してきた杜の手しごと市の様子です^ ^

    
    
    
    
    
    

    第1回 杜の手しごと市

    第2回 杜の手しごと市

    第3回 杜の手しごと市

    第4回 杜の手しごと市

    第5回 杜の手しごと市

    
    
    
    
    
    

    皆様のご来場お待ちしております!!

    
    
    
    



    企画課  林

  • 2015年10月22日

    むきだし!

    こんにちは、設計課の波多野です。

     

    今回は、リフォーム中の我が家の紹介をさせていただこうと思います!

     

      

    我が家は、増改築を何度か繰り返しているものの、

    築100年ほど経つ庫裡(くり)です。

    庫裡とは、お寺の住居部分のことを言い、

    “庫裏”と表記されることもあります。

      

    人を迎え入れるための広い玄関や座敷や、

    役僧さんたちの控えの部屋、

    物事があったときのための炊事場など、

    お寺として必要な空間を充実させた間取りだったため、

    家事動線が複雑で、家族が団欒できる場所がなく、

    居住空間としては不便なところがたくさんある家でした。

      

    天井が高く隙間風だらけのため冬は暖房してもなかなか部屋が暖まらず、

    敷居がたわんでいるので襖は自由に開閉できません。

    歩いて解るほど床は傾いていますし…。

      

      

    それを今回、弊社のリフォーム部門である永家舎にて民家再生をすることになりました。

      

    解体中の現場を見に行くと...

    今まで見えていなかったものがむきだしに!!

     

     

    こんな立派な丸太が隠れていました!

    数十年前に増築した部分なので比較的に綺麗です。

      

    民家再生のため、全て壊して更地にするのではなく、

    主要な柱や梁等は残したまま解体していきます。

      

    座敷の床と天井をめくったところはこんな感じです↓

     

     

     

     

    柱を支える束石は、コンクリートブロックなどの綺麗な直方体でなく、

    自然の石が用いられています!

    こんな不安定そうなもので家が支えられているのか…!?

    という印象を受けるかもしれませんが、

    台風が来ても地震が起きても100年間壊れずにいたのは

    この子達のお陰です。

    と言っても多少不安はあるので、

    基礎工事で根巻きという補強をしてあげます。

     

     

    ↑BEFORE

     

    ↑AFTER

     

     

    かなりスッキリしました!

     

     

    自分の家が壊れていく様を見るのは、淋しかったり思い出が蘇ってきたり、色々な感情が込み上げて感慨深くなるものかと思っていましたが、

    意外とそんなことはなく、解体業者さんたちの手際の良い作業に見惚れちゃいました^^

     

     

    「古い」「汚れている」「不便」「寒い」など、

    マイナスのイメージが強かった我が家ですが、

    改めて観察してみると、

    価値のあるものや興味深いものがところどころに。

     

    普段は新築の設計をさせていただいていますが、今あるものを活かして次世代へと繋げていく民家再生もなかなか楽しい…!

    自分の家のリフォームを通して、

    より一層建築の醍醐味を感じております。

     

     

    どんな家になるのか、設計者としても住まい手としても、完成がとても楽しみです!

     

     

    設計課 波多野

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。