住まいづくり大好き

09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
  • 2015年09月30日

    『住み継ぐ』ということ

    こんにちは。永森幹朗です。

    今日で9月も終わり、日増しに夜が長くなってきましたね。

    秋の収穫に感謝し、営業の大嶋君に感謝し、

    月見団子ならぬ月見メロンをいただいています。

    みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

     

     

    さて、先日構造検査の立会いにいってきた先の大工さんの話。

     

    「サギ草」ってご存知ですか?

    8月に「シラサギ」が翼を広げたような真っ白な花が咲くのが由来。

    根から芋状に球根ができそれらをわけ、一つ一つ違う鉢に植えなおさないといけない、なかなか手間隙のかかる花との事です。

    そのぶん咲いたときの喜びは格別との事でした。(大工さん談)

     

    この「サギ草」は、5年ぐらい前に仕事をさせていただいたお客様からいただいたものとの事。

    それを大切に大切に毎年育てているとの事でした。

    その「サギ草」を仕事させていただいたお客様に分けているとの事です。

    今回のお客様にも…^^

     

    一見こわおもてです笑)

     

     

     

    その話を聞いて気持ちがホッコリ。

    家づくりって物語ですよね。

    家を造って引渡す。だけじゃなく、

    家づくりの過程が大切なんです。そこにはドラマがあるんです。

    だからこそ愛着が出るのではないでしょうか?

     

    「永森の住まい」は「受け継がれる住まい」

    受け継がれるためには愛着は欠かせないものなんです。

    だから子どもたちは住み継ぎたいと思うんですよね。

     

    家づくりのいろんな物語を思い出させてくれる・・・

    これからもこの「サギ草」はそんな役割になりそうです。

     

     

    営業課 永森幹朗

  • 2015年09月26日

    杜の手しごと市開催致しました!

    9月26日、第5回杜の手しごと市を開催致しました。

    朝は前日の雨でジメッとした空気でしたが、お昼ごろには晴れて青空が広がっていました。

    久しぶりの綺麗な秋空でしたね^ ^

    
    
    
    

    ご来場下さいました皆様ありがとうございました!

    
    

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    今回は、毎月恒例の杜の手しごと市とともに

    「休日のようなひとときを体感して頂こう」ということで

    宿泊体験ができる”風の栖”にて

    新米、お味噌汁、コーヒー、焼きたてパンなどをふるまいました。

    一所懸命ごはんをにぎにぎ。

    
    
    
    
    
    

    新米でにぎったおむすび。とっても美味しかったです!

    旬ものってやっぱり良いですね(*^ ^*)

    
    

     

    企画課も準備も大忙しでした。皆さんお疲れ様でした!

    
    
    
    
    
    
    
    

    次回は10月24日第4土曜日開催です。

    今回来られた方も来られなかった方もぜひお越し下さいませ^ ^

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    企画課   林

  • 2015年09月25日

    黄金比【7:2.5:0.5】

    こんにちは、設計課の坪川です。

    先日、お客様とカーテンやクロスの打ち合わせがありました!

                           

    カーテン生地:シンコール

    プリーツスクリーン等:タチカワブラインド

    クロス:シンコール、リリカラ

    塗り壁:タナクリーム(ローシェンナ1/4)

    タイル:LIXIL

    床材・建具:ブラックチェリー突板

     

    ちょっとinstagram風に・・・^^

     

    インテリアには配色の黄金比というのがあるのですが

    皆さんご存知ですか?

     

    【7:2.5:0.5】

    ベースカラー・・・70%

    アソートカラー・・・25%

    アクセントカラー・・・5%

     

    上の写真では

    ベースカラーが 白~アイボリー系(壁や天井など)

    アソートカラーが ブラウン系(床材や家具など)

    アクセントカラーが グリーン系(一部のカーテン、アクセントクロス)

    お部屋によってはダークブラウンがアクセントカラーになっています。

     

    同系色でまとめるとふんわりした雰囲気に、

    反対の色味が入るとスパイシーな雰囲気になります。

     

    もし何を選ぶか迷ったら、

    一度全体のバランスを確認してみると

    いいかもしれませんね。

    ぜひ試してみて下さい^^!

     

     

    設計課 坪川

  • 2015年09月21日

    受け継がれる~五葉松~ -営業課-

    こんにちは、営業課の瀬先です。

    もともと現場監督をしておりましたので営業になってからは初ブログです。

     

    私の実家は大野です。

    実は実家には昔より大きな五葉松があります。

    いつからあるのかは分かりません。(-_-;)

    大きさを見ると樹齢はけっこう経っているのかなぁと思います。

     

    ↓実際の写真はこちら。屋根より高いです!

     

    去年秋に実家へ行ったとき、

    『五葉松を切ろうかと思っているんや。』と父から話がでました。

    『なんで?』と聞くと、

    『屋根の掃除せなあかんし樋も詰まるし、家の手入れが大変なんだ。』とのこと…

    更に“マイマイガ”が大量発生して、五葉松にたくさんついたみたいです。

     

    父ももう60歳ですし、高い所はさすがに本人も危険だと感じているようです。

    ここ最近は私が年2回ほど屋根や樋のつまりを掃除していました。

    確かに毎年大変だな…。

     

     

    今年の冬の総会の宴会の席で、実家のリフォームをしてくださった大工さんの

    隣の席に座ることになりました。

    そこで、

    『実家の五葉松を切ろうと思っているんや。』と話をすると、

    『それは絶対止めておきねや!』と止められました。

    『なんでですか?』と聞くと、

    『その五葉松はおじいさんの時代よりもずっと前からこの家を見守っているんだ。

     先祖代々から受け継がれている、そんな木を切ったらバチがあたる!』

    と言われてしまいました。

    その言葉を聞いてすぐ切るのを止めるように父に伝えました。

     

    なんか本当にバチがあたりそうに思えてきました。。。

     

    大工さんの話しを聞いて、なるほどなと思いました。

    昔にも今回と同じように五葉松を切るとか言う話がでたかもしれません。

    しかし、こうして今まで切らずに残されてる物を

    自分たちの代で切ってしまうわけにはいかないのではないかと思い、

    自分も次の代へ受け継いでいけるよう伝えて行きたいという気持ちになりました

    この仕事をしていなかったら切ってたかもしれません・・・(^_^;)

     

     

     ↑ 福島県緑の文化財圓蔵寺(えんぞうじ)のしだれ五葉松

      (樹齢推定500年、樹高24m)

      

    実家のも負けてませんよね。

    もしかして、我が家の五葉松が文化財に指定される日も遠くないかもしれません(゜ロ゜)

     

     

    営業課 瀬先周平

  • 2015年09月18日

    Surprise present -企画課-

    企画課に配属になり、4ケ月が経ちました。

    まだまだ新人の妹尾です。

     

    前回、第2回目の『写真教室』が9/12に行われました。

    ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

    毎回、写真教室のあとにスイーツタイムがあるのですが、

    お茶やお菓子は私たちが用意させていただいております。

    女性対象の教室ですので見た目にも味にも素敵なものをと、

    おいしそうなものはないかアンテナをはっている毎日です。

    (↑決して私的欲望ではありません。お仕事ですよ!)

     

    そして今回ご用意したのはこちらです。

     

    『floresta』さんの、どうぶつドーナツです。

    こちらのドーナツは、できるだけ自然で添加物を含まない材料を

    厳選して使い、ひとつひとつ丁寧に手づくりされています。

    おいしくっておまけにかわいい!!

     

    残念ながら福井では販売されておらず、お取り寄せさせていただきました。

    どんなものなのかは来てみないと分からないので

    注文前にお電話やメールで問合せさせていただいたのですが、

    親切、丁寧なやりとりがまた安心できました。

     

    届いたドーナツのかわいさにも感動でしたが、

    なんと!!

    (世界でひとつの当社のロゴ入りチョコプレートです。)

    こんな心配りまで…

    きっとイベントで使うことをお伝えしてあったので、当社のHPをみてくださったのでしょうね。

    心も胃袋もがっちり掴まれてしまいました。

    担当していただきましたT様、本当にありがとうございます。

     

    良いものを、まごころを持って伝える。

    つくり手の思いを伝えられる存在になりたいです。 

      

     

    企画課 妹尾珠美

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。