住まいづくり大好き

10月   
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 2013年10月31日

    風の栖にて、撮影が行われました!-企画課-

    先日風の栖にて、Fuさんに掲載される美容室のページの撮影がありました!

     

     

     

     

    イメージは“クリスマス”だそうで、風の栖の薪ストーブがその雰囲気に一役買うことが見ものです^^

     

    メインはモデルさんですが、(笑)

    12月のFuをぜひぜひ楽しみにしていて下さいね♪

     

    また撮影場所となった、風の栖は毎週土日を公開日としております。

     

    寒くなると、薪ストーブに火を入れて皆様をお出迎えいたしますのでご見学の際は、風の栖のあったかーい雰囲気も、ぜひご体感下さいませ。

     

    企画課 小川温子

  • 2013年10月25日

    民家再生見聞会開催のお知らせ-永家舎 企画-

    11月16日(土)・17日(日)の二日間、

    大野市花房にて民家再生見聞会を行います。

     

    見聞会開催にあたり、先日現地へ足を運んでまいりました。

    福井から向かいますと、416号線をひたすら真直ぐ、

    そして中部縦貫自動車道を上志比ICから大野ICまでまた真直ぐ。

    あっという間に大野に到着してしまいました。

    ぜひ、見聞会ご来場の際はこの快適さをご体感ください。

     

     

     

    さて、今回ご覧いただくお住まいは、

    建物約80坪、築57年の大野民家の再生。

    柱、梁等はとても丈夫な構造ですが、

    山からの湧き水・豪雪・融雪等より、

    建物周辺には湿気易い立地にあります。

    そこで、痛み易い部分は再度新しく直しながら、

    以前の趣きを活かした住まいへと再生しました。

     

     

     

    工事中ではありましたが、

    玄関の装束梁、和室の趣にはしばらく眺め、立ち止まってしまいました。

    そして印象的だったのは、薪ストーブのある茶の間とキッチン。

    小上がりになった茶の間は、家族がくつろぎ、寝っ転がっても十分な広さ。

    薪ストーブの暖かさを感じながらくつろぐのはさぞかし心地よいだろうと

    うらやましくなってしまいました。

    もう一つ、キッチンから一直線上に水廻りが。

    家事のしやすさにも配慮された動線となっています。

     

    完成姿が待ち遠しい限りです。

    また見どころを見つけて、お伝えできたらと思っております。

     

    見聞会情報お知らせ希望の方は、

    0776-52-0008永家舎(えーうちや)までお電話いただくか、

    ホームページの「見聞会を見に行こう!」からお申し込みください。

     

    民家再生・提案型リフォーム

    「永家舎(えーうちや)」

    企画 舟木 美由紀

    http://e-uchiya.jp/

  • 2013年10月21日

    改めて実感!

     

    先日、展示会のブースでご案内係として待機する機会がありました。

     

    一般の方に混じって学生さんもたくさん見に来られた展示会で、

    当社のブースの前も連日たくさんの学生さんが行き来して行かれました。

    大勢の学生さんの流れの中で、ポツリポツリと、ブース内で待機している

    私や他の大人たちに挨拶をして通り過ぎてくれる学生さんがいて、

    なんだかそれだけで、その学生さんの学校に対してすごく好印象!!!

    やっぱり挨拶って大事なんだなー、と、しみじみしながら学生さんの波を

    見送っておりました^^

     

    そんなことを考えていたら、あるサイトにこんなことが書かれているのを

    見つけました。

     

    ***************************************************************************

     

     以前、ある小学4年生の男子と、『あいさつ』について、

    こんなやりとりをしました。

     

    “あいさつ”は大切だよ。

     

    「どのくらい大切?」

     

    そうだね。ここに100万円あったとするね。

    “あいさつ”がちゃんとできることは、100万円もらうより価値があるんだよ。

     

    「なんで?」

     

    人生では人が大切なんだよ。

    人生では、人と出会うことで、いろいろなことを学んだり、お世話になったり、

    助けられながら生きて行くんだ。

     

    人の力を“人脈”ともいうんだよ。

    人生では、この人脈がとても大切なんだ。

    君が将来、分からないことや、困ったことがあったとする。

    そのとき、人が助けてくれると助かるよね。

    自分に協力してくれたり、助けてくれる人が人脈なんだ。

    だから、“この人脈をつくること、人脈を大切にすること”が大事なんだよ。

    その人脈をつくるはじまりが、“あいさつ”なんだ。

     

    あいさつは、“自分はこんな人間です”ということを短い時間で相手に表現する、

    いわば心からのメッセージなんだ。

    だから、“心のこもったあいさつ”ができる人は第一印象で

    好感を持ってもらうことができるんだよ。

     

    すると、相手も気持ちがいいから、話しかけてくれたりして、

    人同士の関係がはじまるんだ。

     

    もし、逆に“あいさつ”がちゃんと出来なければどうなると思う。

    印象が悪く、レッテルを貼られてしまうんだよ。

    生意気、無愛想(ぶあいそ)、お高くとまっている、常識がない…とね。

    だからこれだけで人が敬遠する人になってしまうこともあるんだ。

    とても損なことだよね。

     

    では、“あいさつの凄い力”の話をしよう。

     

    ≪あいさつを大切にしている会≫があるんだ。

    その会が出している小冊子にこんなことが書かれていたんだ。

     

     

    『Tさんは駅まで通勤の足として、バスを利用しています。

    しかし時刻表どおりに来ないことも多く、イライラの毎日です。

    そのイライラが拍車をかけるのが、急発進するバス。

    足元をふらつかせながら席に着くこともよくありました。

    ある朝のこと。

    最近、会社の朝礼で挨拶の気持ちよさを知ったTさんは、

    運転手に『おはようございます』と声をかけたのです。

    そして、いつものように用心しながら、最後列の席まで行きましたが、

    その日はTさんが席に着くまでバスは発車しませんでした。

    それから数日、運転手への挨拶を続けてみると、

    どの運転手も席まで行くのを待ってくれるか、

    発車しても席に着くまでスピードを上げずに、ゆっくり走ってくれるのです。

    (略)』(社団法人倫理研究所 職場の教養2006年6月号より)

     

      

    心のこもったあいさつは、人の心の扉を開く魔法のような力があるんだよ。

    だからお金とは比較できないほどの力があるんだ。

    お金は使えばなくなってしまうけど、あいさつは一生の財産にできるんだよ。

    あいさつを大切にしょうね。

     

    「うん、わかった!」

     

    ********************************************************************************

     

    とても素敵なことが書かれているなーと思ったので、

    ちょっとご紹介してみました。

    挨拶が出来ていない人、本人だけがしている「つもり」の人、

    結構多いと思います。

    自分のことはなかなか気がつかないものですよね。

    基本中の基本!大切にしないといけませんね、自戒の念も込めて^^;;

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    企画課 加藤里美

     

  • 2013年10月18日

    10月といえば… -企画課-

    暑い夏が終わり、ようやく涼しくなったと思ったら…。

    「過ごしやすい日」はどこへやら、

    すでに「寒い」くらいの日が続いております。

    暑いのも苦手ですが、寒いのはもっと苦手な私…、

    早々に愛車とデスクにそれぞれ膝掛けを常備しております。

    おかげで毎日快適です。…今のところは。

     

    ところで、

    10月といえば、何かとハロウィンの話題が目につきますね。

    かくいう私も、つい先日100円ショップで、

    オバケかぼちゃのコースターを衝動買いしてしまいましたが…。

    仮装はしないまでも、

    こういう季節のイベントはちょっと楽しい気分になります。

     

    これからますます寒くなると思いますが、

    皆様、風邪などひかれませんようお気をつけくださいませ。

     

     

    企画課 吉田理恵

  • 2013年10月11日

    南四ツ居展示場 -永家舎企画-

    永森のリフォーム部門、「永家舎(えーうちや)」が

    南四ツ居展示場へ拠点を移してから、早2ヶ月が経ちました。

    ここ数日気温が高めでしたが、窓を開けて開放的に仕事に打ち込んでおります。

    特に1階の快適さは抜群です(仕事場は2階ですが...残念です)

    自然素材に囲まれているせいもあるかもしれませんが、

    空気が涼しく心地よいです。

    

     

     

     

    

    明日から、気温が下がるとのこと。

    服装も気にしないといけないなと思いつつ、

    明日の南四ツ居展示場はどんな空気が待ち構えているのか楽しみです。

    窓を開け放つのも気持ちいいですが、

    障子で風や光をコントロールして

    心地よく過ごそうと工夫するのもまたオツです。

    暮らしは、毎日のこと。

    炊事洗濯を終えた後、ほっと一息つく空間が

    心地よい空間だったら素敵ですよね。

    そんな想像を掻き立ててくれる、

    7年の南四ツ居展示場へぜひご来場ください^-^!。

     

    もちろん、空間を味わっていただくのも一つなのですが、

    自然素材の経年変化や福井合った住まいづくり、

    設備に頼りすぎない住まいを目で見て確かめていただければと思います。

     

    愛着ある住まいの再生や

    家族構成の変化によるリフォーム、

    使い勝手の悪い動線のリフォームなど

    ご相談にもお応えしております。

    まずはお気軽に南四ツ居展示場へ訪れてみてください。

    お待ちいたしております。

     

     

    (季節のお花も活けております。

    ちなみに花はダリヤとホトトギスです。)

     

    民家再生・提案型リフォーム

    「永家舎(えーうちや)」

    企画 舟木 美由紀

    http://e-uchiya.jp/

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。