住まいづくり大好き

01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 2013年01月24日

    まち家再生見聞会を開催致します -企画課-

     

    今週末の土曜・日曜、

    JR大土呂駅近く、福井市半田町にて、

    まち家再生見聞会を開催致します。

     

     

    今回ご覧頂くのは、間取りを大幅に変更し、

    築50年経っていながら新築のように生まれ変わったお住まいです。

     

    増築・リフォームを繰り返したお住まいの問題を解決しつつ、

    老後のことや息子さんとの二世帯同居を見据え、機能的で明るいお住まいへと

    生まれ変わらせました。

     

    さらに、再生を機に耐震性・断熱性能も高め、見えない部分の問題も解消しています。

     

     

    住み慣れたお住まいの大切な思い出を残しながら、不安や不満を解消していく。

    永森建設・永家舎の民家再生を、ぜひ実際にご確認くださいませ。

    みなさまのご来場を 心よりお待ちしております。

     

    企画課 加藤里美

  • 2013年01月18日

    へび年

    ちょっと遅いですが。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    今年はへび年ですがどんな意味があるのか調べてみると・・

     

    蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表しているとも言われ、「起こる、始まる、定まる」などの意味

    自然神の代表的な神格が巳(蛇)
    古来より、蛇は信仰の対象となっており、豊穣神、天候神などとして崇められてきました

    蛇は脱皮をすることから「復活と再生」を連想

    巳の特徴は探究心と情熱。蛇は執念深いとされていますが、恩を忘れず、助けてくれた人には恩返しをすると言われています。

    ・・・等々です。

    へびから普通に連想するとなんかこわいイメージがありますが。なかなかいい感じですね。

     

    安部政権に交代してから(前野田総理の衆議院解散宣言から?)アベノミクス効果からか株式、債券相場もこれまでとは180°転換しましたし、相続税、贈与税、住宅ローン減税、消費税導入の際の様々の軽減案・・・等々あらゆる国家再生策がこれまでにないスピード感でもってうち出されてきています。まさに蛇の脱皮のようですね。

     

    私も今年1年、上述の様な情報から目を離さず、日々感謝し、恩を忘れず、そしてギブ&テイクじゃなくて、ギブ&ギブ(無償の愛?)の精神で皆様にご奉仕できればと思っております。何かございましたらどうぞお気軽にお声かけください。

     

    本年も皆様にとって良い年でありますように・・・

     

    ファイナンシャルプランナー 宇野 博之

  • 2013年01月14日

    今年最初の上棟現場 -工務-

    明けましておめでとうございます。

    先日1月9日に今年1棟目のM様邸の建前が

    2日間に渡り行われました。

    その1日目は天候に恵まれまして、雪や雨に

    あわず無事1日目を終える事が出来ました。

    2日目は1日目の夜に雪が降り、2日目の朝は除雪作業から行われました。

    2時間ほど除雪作業に時間を取られましたが

    夕方には無事上棟を終える事ができました。

     

     

    ↑すぐに屋根工事に入り家の中に雨などが入らないようにします。

     

     

    ↑建前の時に取り付けた仮の筋交をはずし筋交を入れる作業が行われています。

     

     

    これから7月のお引渡しに向け、各協力業者の方と力を合わせて

    お客様の満足のいく住まいになるようがんばって造り上げていきます。

    M様、上棟日は天候に恵まれ本当に良かったと思います。

    上棟おめでとうございました。

     

    工務課 瀬先

     

  • 2013年01月14日

    二世帯住宅お考えの方には特に必見!2013春号 家づくりナビに掲載されております!

    2013春号 家づくりナビに専属大工である山内棟梁と弊社施工物件「ライフスタイルの違う親・子世帯の思いを見事に融合した二世帯住宅」が掲載されております!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「プロフェッショナルに聞く」で特集されている山内棟梁は、中学を卒業後大工一筋。

    住まいに50年近く携わり、今もなお棟梁として現場の第一線に立たれています。

     

    取材の中では、山内棟梁の手がけた「伝統技術を駆使し、古き良き家をよみがえらせた高柳展示場」のお話や大工という仕事への思い、「プロの目から見る現代の家づくり」などを語っていただいております。

     

     

    また施工実例ページでは、二世帯住宅をお考えの方には特に必見な内容となっております!

     

     

     

     

     

    二世帯住宅の実績を多くもつ弊社がご紹介するS様邸。

    お住まいのコンセプトの他に「弊社の二世帯住宅を得意とするヒント」が掲載されております!

     

    「お互いのプライバシーはどうなる?」「親(子)世帯との意見が合わない」など、二世帯住宅ならではのお悩みを抱えている方には特にご覧頂きたいと思います。

     

    ぜひ、2013春号 家づくりナビをお手にとってみて下さい^^

     

    書店に行くより前に、はやく知りたい!という方は、0776-52-0007(永森建設)までお電話いただくか、もしくは住まいの何でも相談へ。

    担当のスタッフより、迅速・丁寧にお答えさせていただきます!^^

     

     

    また弊社では3月より、二世帯住宅・単世帯住宅の住まいの見聞会を多数開催する予定となっております。

    HPでも随時イベント情報を更新していきますが、イベントの詳細につきましては、お電話にてお問い合わせいただくか、見聞会を見に行こう!よりお申し込み下さい。

     

    皆さまが誇れる住まいづくりを、永森建設はお手伝いしていきます!^^

     

    企画課 小川温子

  • 2013年01月12日

    カレンダーの写真になりました^^ -企画課-

     

    2013年が始まって、早いものでもう2週間ですね。

    気持ちも新たに、今年もまたよろしくお願い致します!

     

    さて。

    昨年末、当社の協力業者さんから、2013年度 全日本瓦工事業連盟さんの

    カレンダーを頂きました。

     

    なんと!

    全国版のこのカレンダーに、永森建設 高柳展示場の写真が使用されています!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なんでも、前述の協力業者さんが全日本瓦工事業連盟さんに高柳展示場の写真を

    応募して下さっていたそうで、その写真が見事カレンダーの写真として

    採用されたそうです。

    全国のお寺やお城、瓦を内装に取り入れたお宅など、毎月様々な写真が

    掲載されていますが、当社展示場も負けず劣らず素敵な写真を掲載して

    頂いています。

    実際の展示場も、写真に違わず重厚な趣の立派な建物なんですよ!

     

     

     

     

     

    『本物の展示場を見てみたい!』とご興味を持って頂けましたら、

    どうぞ永森建設本社(TEL:0776-52-0007)までご連絡くださいませ。

    外観だけでなく内観までごゆっくりご覧頂けます。

    (※展示場のご見学は予約制とさせて頂いております。

    お手数ですが事前のご連絡をお願い致します。)

     

    高柳展示場のすぐ近くには、実際に宿泊体験をして頂けるモデルハウス

    『風の栖(すみか)』もございます(※要予約です)。

    全く趣の違う2つのモデルハウスで、永森建設の『幅(素材・技術・提案力)』

    をご確認ください^^

     

     

    企画課 加藤里美

     

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。