住まいづくり大好き

09月   
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 2011年09月29日

    I様邸上棟-工務-

    9月19日、福井市木田にてⅠ様邸の上棟式がありました。

    朝礼の様子です。

    この日の上棟が無事行えるよう、安全確認を行います。

    写真を見てもらうと分かるように、

    朝少し雨が降り、かっぱ着用での上棟開始となりました。

    しかしその雨も上がり、その後は持ち直し、

    曇り空のなかでの上棟となりました。

    この日は作業が順調に進み、

    昼になるとだいぶ家の形が見えてくるようになりました。

    その後も順調に作業は進み、

    少し雨が降ったものの、屋根もはり終え、

    15時に無事終えることができました。

    Ⅰ様、本当におめでとうございます!

    そして、今後ともよろしくお願いします!

     

     工務 瀬先

  • 2011年09月29日

    香り -設計-

    こんにちわ。荒木です。

     

    少し前になりますが、香りの講習会に参加する機会がありました。

    面白かったので、少し紹介させて下さい。

     

    一般的に、 フローラル系・・・甘くやさしい花の香り

            柑橘系・・・みずみずしいフルーツの香り

            エキゾチック系・・・深みのある魅惑的な香り

            樹木系・・・すがすがしい木々の香り

    等がありますが、香りの持つ効能をご存知でしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    例えば、柑橘系のベルガモットの香り(紅茶のアールグレイはベルガモットの香りを

    茶葉に着香させたもの)は、不特定多数の人が好む香りで、グレープフルーツ等と

    同じストレス解消に効果があると言われています。

     

    そこで、県産材他、木造住宅をお客様にご提供している我社にも関係のある樹木系の

    香りの効能を、ご紹介します。

     

    森林浴に行くと、なんとも清清しい気持ちになれるのは、この樹木の香りがあるからです。

    もともと樹木は、自分の身を細菌や微生物から守るため、フィトンチッドという成分を

    放散しています。その成分に抗菌や防腐の効果があることから、たくさん含まれた

    樹種などは、住宅の土台や浴室などに使われてきたのです。森の中で動物が

    死んでも臭わないのは、フィトンチッドのおかげとも言われています。

     

    人間にとっても、病気や健康の維持に効果があると、昔から生薬や漢方薬として

    使われてきたそうです。森の中でリラックス出来るのは、フィトンチッドが副交感神経を

    刺激して、精神を安定させたり、開放感を与えたり、ストレスの解消などの安らぎを

    与えてくれるからだという事もわかってきたそうです。

     

    毎日の生活が森林浴のような香りで包まれている生活なんて、憧れますよね。

    そんな住宅をご提供できる仕事・・・大変ですが、素敵な仕事です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに、ローズウッド(紫檀)の香りは、ダイエットに利く上、お金持ちになれる臭いだと

    講習会で教わりました!チャレンジしてみてもいいかな!?という方、是非効果が

    あったかどうかご一報下さい!

     

    設計課 荒木 深雪

  • 2011年09月24日

    ご入居者様向けイベント開催!-企画-

    とても穏やかな天気に恵まれ、気候の良い一日となった昨日、秋分の日、

    入居者様向けのイベントを当社南四ツ居展示場で開催いたしました。

     

    「日頃の行いがよかったのね」と講師の坂本様からの言葉を胸に、

    張り切って司会進行を務めさせていただきました。

     

     

    午前の部、午後の部と分かれ、多数の入居者様にご参加いただき、

    たいへんにぎやかで楽しい一日となりました。本当に皆様に感謝です。

     

    今回のイベントを一言で言うならば、

    「結ぶ」につきます。

     

    最初に坂本様よりごあいさつを頂いた際に、

    「本日のリボンリースづくりは結ぶということで、

    絆を結ぶ、家族の愛を結ぶ、そして一期一会のご縁で

    しっかりリボンを結んでいっていただけたらと思います。」

    とリースづくりがスタートしました。

    実際に接着材は全く使わず、リボンを巻いたり、結んだりすることで仕上げていきました。

    制作中は先生に質問されたり、お隣の方と手順を確認しあったり、

    また、家づくりに携わったスタッフと久しぶりに会われ、

    会話を弾ませていた方もいらっしゃいました。

     

     

     

    今回はたくさんの結ぶを見ることができ、

    私もご無沙汰をしていたお客様にお会いでき、

    大変うれしい一日となりました。

     

    参加者様のご感想を紹介いたします。

     

    ○リボンリースづくりは難しいと思っていたのですが、

     意外と簡単につくることができました。

     なごやかな雰囲気の中でとても楽しく作業することができました。

     

    ○孫2人を連れてきて2つのリースをつくりましたが、楽しい時間でした。

     これからも参加したいと思いました。

     

    ○久々に楽しい1日でした。

     

    ○普通できないことをこの場で教えていただき、うれしく思います。

     

    ○家のことを通して、このような楽しいイベントに参加できて良かったです。

     次回の講座も楽しみにしております。

     

     

    ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

    今後もお住まいにお役立ていただける情報をたくさん持ち帰っていただくべく、

    入居者様イベントを企画していきたいと思います。

    次回は12月、大掃除前の時期に住まいのお手入れ講座を開催する予定です。

    ぜひ、またたくさんの結ぶが生まれることを祈りまして、

    ご参加をお待ちいたしております。

     

    企画課 舟木 美由紀

  • 2011年09月23日

    ショールームご案内 -設計-

    こんにちは、新入社員の柳澤です。

    昨日までの荒れた天気とは違い、本日は心地よい秋晴れとなりましたね。

    3連休の初日、どこかお出かけになられた方もいるのではないでしょうか。

     

    そんな今日は、お施主様とショールームにて打ち合わせを行いました。

    本日で2回目の打ち合わせのお施主様です。

     

    ご契約後、1回目の打ち合わせは南四ツ居展示場で行い、

    2回目は大体ショールームに行きます。

     

    ショールームでは、キッチンやお風呂、洗面台やトイレを、スタッフの方の

    丁寧な説明を交えながら、実際に見て、触れて、選んでいただけます。

     

    キッチンなどの水廻りは、女性の方にとってやはり重要な要素だと思いますので、

    実際に機能を体感することで、しっかりとイメージを持っていただくと良いと思います。

     

    実際に見て選ぶといっても、キッチンひとつをとってもシンク・カウンターの素材や高さ、

    引き出し収納の色柄、取手の種類など、選ぶことはたくさんあります。

     

    ご契約の際に、キッチンやお風呂などのシリーズ・形は大方

    ご提案させていただいていますが、それ以外に「こんな機能をプラスしたい」ですとか、

    「この機能は必要ない」ということがあれば、お客様に合ったプランにすることができます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回打ち合わせを行ったT様も、お風呂の壁や洗面台の収納扉の色を、

    たくさんの色の中から1つに絞るのに、迷われているご様子でした。

     

    選んだ色でどのようなお風呂のイメージになるか、ショールームのスタッフの方が、

    その場でCGの画像にしてくださいました。

     

     

    今回選んでいただいたキッチンや洗面台に合わせて、お部屋の壁紙の色なども

    ご提案させていただくので、お好きな色を選んでいただいて良いと思います。

     

    このように、南四ツ居展示場での打ち合わせの他に、ショールームや見聞会の会場、

    上棟後は現場にて打ち合わせをすることによって、お客様にも、

    出来上がったときのイメージを膨らましていただけるかな、と思います。

     

    家造りがより一層楽しくなるお手伝いをするために、

    お客様にわかりやすくご説明できるように、私も日々勉強を重ねていきたいです。

     

    設計課 柳澤 有紀

  • 2011年09月23日

    はじめまして! -工務ー

    はじめまして、今回初めてブログを書かせていただきます芳沢です。

     

     

     8月26日付で工務課に配属になったばかりの現場監督のたまごです!

     

     

    今年の春永森に入り、約5ヶ月間永木舎(永森建設が誇る木材の自然乾燥・

     

    加工また、それらの現場への配送を行う自社工場)にて,

     

    木材の配送などの仕事をしていました。

     

     

    永木舎では、ひょろひょろだった体が少しだけですが筋肉がついたり、

     

    木材の知識が身についたりと、とてもいい経験をさせていただきました。

     

     

    その経験を活かし、工務課でも頑張ろう!と意気込んできたのですが、

     

    ここに来ての毎日は本当にわからない事ばかり…

     

     

    今は先輩の後を着いていき、

     

    大工さんや業者さんとの話を一緒に聞いてまわっているのですが、

     

    わからないことが多すぎてなかなか理解することができません。

     

     

    今意識していることは、わからないことを明らかにし、

     

    質問をして、わかるようにすることです。

     

     

    「わからないことを明らかにする」

     

     

    これは高校時代の恩師にいつも言われていたことで、私がいつも心がけていることです。

     

     

    わからないところはどこか!?

     

    と探していると、不思議とその周りの知識が身についたり、

     

    時には自分でわかったりします。

     

     

    そしてそれでもわからないことは素直に先輩や大工さん、業者さんに聞く。

     

     

    今はこんな勉強期間として毎日を過ごしていますが、

     

    皆さんの前に堂々と立てる日を夢見て、今日も一日頑張って勉強してきます!!

     

     

     工務課 芳沢敦男

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。