住まいづくり大好き

08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 2011年08月29日

    O様邸2年目点検 -設計-

    こんにちは、新入社員の柳澤です。

     

    先日初めて、2年目点検に同行させていただきました。

     

    2年目点検というのは、永森の住まいづくり5つの安心

    「品質管理・強さ・快適性・木の力・保証」の保証のうちのひとつです。

    お施主様に家をお引渡しした後、アフター管理という体制をとって、

    永森の見まわり大工が点検に伺います。

    1回目、2回目、1年目、2年目、5、10、15、20、30…と、定期的に点検があるので安心です。

    詳しくは、「永森の住まいづくり・5つの安心」のページをご覧下さい。

     

     

    話はそれましたが、今回2年目点検ということで、

    私も勉強のために同行させていただきました。

    入社して5ヶ月経ちますが、まだ実際にお住まいになられているお宅を

    見たことがなかったので、どのようなお宅なのかすごく楽しみでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2年目のO様邸です。

    これから当社の見まわり大工の酒井が、いろいろなところを点検していきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    まず、外回りの点検、その後、家の中に入り、

    窓や配管、クロスの剥がれなどを点検していきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     今回も床下の点検をおこないました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    高さ40センチ程しかない床下を通って、キッチンやトイレの配管を点検していきます!

    迷路のようになっているので、迷ってしまいそうですね。

     

     

    O様邸はお子さんが2人いらっしゃるので、家の中はおもちゃがたくさんあり、

    ふすまにもお子さんが書いた落書きがありました。

    2年経って、すっかりO様色のお宅になっていました。

    すごく幸せそうな家族の様子が想像できて、とても温かな気持ちになれました。

     

    お引渡しするお家は、竣工したばかりで大変きれいなお家です。

    しかし、本当に良いお家というのは、お施主様が実際に住まわれて、

    生活していくうちにいろんなところに傷がついて、色あせて、物がどんどん増えていって…

    その中で家族の思い出も増えていく、そんなお家なのかな、と今回の体験で感じました。

     

    私も、そんな素敵なお家になるようなお手伝いがしたい!

    改めて、これからまた頑張っていこうと思いました。

     

    設計課 柳澤 有紀

  • 2011年08月29日

    節目の日 -設計-

    はじめまして。林です。

     

    先週、暑さが少しやわらいだかなと思ったら、また暑い日が戻って来ました。

    今年は残暑が厳しいようですので、油断せず体調管理をして頂きたいと思います。

     

    先日、社内で打合せを行いました。ご契約をして頂いたお施主様宅の、

    今後の工事日程を担当者が集まって話し合うのです。

    地鎮祭・着工・上棟・引渡しの時期や日をお施主様のご都合を基に決めていくのですが、

    このとき出てくるのが「大安」や「建築吉日」といった言葉。

     

    暦注のひとつである「六曜」には先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があり、

    冠婚葬祭の日取りを決める際に気にされる方が多いと思います。これは建築でも同じ。

    ただ、この六曜は根拠のない決め事、迷信と言われています。

    巷では廃止運動も出て来ています。気にするかしないかは人それぞれです。

    お仕事の都合優先で、日を決めるお施主もいらっしゃいます。

    とは言っても、出来る事なら節目となる大事な日は、気持ち的に良い日を

    選びたいのが日本人なのではないでしょうか・・・

     

    また、あまり知られていませんが「建築吉日」というものがあります。

    基になっているのは暦注のひとつである「十二直」。

    上棟・井戸掘りなどに良いとされる日が決まっています。

     

    六曜と十二直は別の考えから成っています。

    明後日8/31は「六曜では仏滅」ですが、「十二直では吉」です。

    迷い始めたら切りが無いのであまり暦注に縛られ過ぎずに、

    お施主様が気持ちの良い日を節目の日にしていきたいと思っています。

     

    ところで昨日、こんなのぼり旗を見ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    実はこれ、宝くじ売り場の前です。

    この旗を見て、「いいことありそうだから買ってみよう」「どうせ買うなら今日にしよう」と

    思う人がいらっしゃるのでしょうね。

    日本人の心をつかむ、上手な商売をしているなと思いました。

     

    設計課 林 美杉

  • 2011年08月26日

    いちじく -企画-

    こんにちは。企画の小川です!

     

    営業の関がお客様よりいちじくをいただいてきました。

    写真上ですが、皆さまにも旬のおすそわけを・・・。

    いちじくは、美容と健康に効果があるとされ、不老長寿の果物とも呼ばれています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お昼休みに社員で美味しくいただきました。

    特に女性社員に大人気。

    皮ごとぺろりと食べられて、なんだか懐かしい味。

    社長もいちじくには目がないそうで、知らない間に箱から2つなくなっていました。笑

     

    余談ですが、消化作用を促進させるので、お酒を飲んだ後に食べると二日酔いになりにくいといわれています。

    飲みすぎたときはぜひ!

     

    M様、旬の味のおすそわけ、ありがとうございました!!

     

    企画課 小川 温子

  • 2011年08月25日

    お客様と共に-営業-

    真打登場です。営業課の鈴木です。平素は弊社、永森建設のHPをご覧になっていただきまして心より御礼申し上げます。

     

    私は何処でしょう?

     

    私は実際に自分のマイホームを建てた経験者として、多くのお客様に家づくりの面白さ素晴らしさ、また反面、注意しなければいけない事などを本格的木造注文住宅の観点から、お客様と家づくりを一緒につくりあげていく醍醐味をお伝え出来ればいいな-と思っております。

     

     

    昨年、担当させていただきました洋風住宅のイラストを描いてみました。

     

    私は26歳の時に、両親からの勧めや援助もあり、独身でしたが将来結婚した時のことを考えてマイホームを建てました。父の知り合いの工務店さんで建築したのですが、結婚して家族が増え、生活してみて分かる事っていっぱいあるんです。家を建てて色々な経験をさせていただきましたし、そして色々勉強させていただきました。

    ここはこうした方が良かったとか、設備の事とか、そんな失敗談や良い家づくりの学問のすすめみたいな事をお伝えしていけたらいいなと思っております。本当の家づくりって何なんだろう?と考えた時、営業職が好きだった私は、それまで勤めていた会社を辞めて、気が付けば今、住宅業界でお仕事をさせていただいております。

     

     

    永森建設の精鋭大工部隊  “匠の会”

     

    日本の気候風土に合う住まいづくりのノウハウ、誰に任せたら安心安全なのかを今後、面白おかしくお伝えしていけたら幸いでございます。

    今後とも永森建設にいっそうのご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。                                                                                                        

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    営業課  鈴木 富士雄

  • 2011年08月25日

    風情 -設計-

    はじめまして、設計プラン担当している杉森です。

     

    八月もお盆を過ぎ、朝夕の暑さも少しずつ和らいできた様に感じられますが、

    皆様いかにお過ごしですか?

     

    私事ですが お盆の休みに岐阜の郡上八幡に家族で旅行に行って来ました。

     

    郡上八幡は岐阜県中部より南西に位置し、福井からは九頭竜ダム油坂峠を通って

    車で2時間半ほどの距離で、「郡上踊り」や「清流の流れる城下町」として知られていて、

    柳町や職人町・鍛冶屋町には古い町並みが残っています。

     

    街の中心を吉野川が流れています。

    街で最もにぎわう新町から少し脇に入って行きますと、小川の流れる通りがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこには吉野川と長良川から採取してきた玉石(八幡町にちなんで)約8万個を使って、

    多彩に変化、デザインされた通りがあり「やなか水の小路」と呼ばれ、

    町並みの風情を際立たせていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    町並みを散策していると、街の雰囲気で、

    建物の外観・デザインの方に目が向いてしまうものですが、

    実は足元の石畳にも街の特徴が凝縮され表現されているものなんだな と感じ、

    設計に携わるものとして住宅の足元であるアプローチや庭の敷石のデザインにも、

    もっと美しさを表現できたら、と思いました。

     

     設計課 杉森 英樹

« 次の記事    前の記事 »

  

永森建設株式会社を中心とするエーシングループが、皆様の「住まいづくり」に関する全てをサポートいたします。お気軽にお申し込みください。